喫煙のデメリット 未婚者は要注意!
女性の7割が交際すらNO。なんと結婚に関しては80%がNGに。

 

その理由とはやっぱりあれが気になるようです。

 

タバコ

■タバコを吸う男性と付き合えますか?
付き合える   87人(26.4%)
付き合えない 242人(73.6%)

 

■タバコを吸う男性と結婚できますか?
結婚できる   69人(21%)
結婚できない 260人(79%)

 

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150321/Mycom_freshers__freshers_column_2015_03_15032110.html

 

 

喫煙をしない社会人女性329人を対象としている調査なので
喫煙者に対して厳しい意見がでるのは理解できますが

 

 

何を問題にしているのかというと
・健康
・子供への影響
・出費
・部屋などに匂いが付く

 

といった点が恋愛では我慢出来ても結婚となるときになるようで
恋愛よりも結婚のほうが厳しい意見がでているようです。

 

もちろん付き合える派の意見には
喫煙者であることが恋愛対象外とする理由にはならないという意見もありますが

 

 

付き合えない派の意見に多いのは
「タバコのにおい自体が嫌」という生理的な問題であることに注目です。

 

 

ふと疑問に思ったのはあまりたばこを吸っている人を最近見かけないけど
実際にはどのくらいの喫煙者がいるのか気になったので調べてみると

 

成人喫煙率(JT全国喫煙者率調査)

 

  20代 30代 
男 29.4 36.6
女 10.0 13.0

 

平成26年度のデーターですが男性は20代でも3割もいるんですね。

 

女性の喫煙者は男性の喫煙者を敬遠しないとしてとしても
残りの90%のうち70%以上は喫煙者を敬遠するわけですから
女性の1/3は喫煙者というだけで

 

 

喫煙者の男性を恋の対象外としているという結果には驚きですが
より深刻なのは10%いる女性の喫煙者じゃないかな?

 

 

タバコのデメリットが本当だと仮定すると

 

・深いシワ
・肌の老朽化
・声帯をきずつける

 

などの影響は明らかに女性のほうがダメージでかいと思うんですよね。
(タバコのデメリットが本当かどうかの議論はおいておきます)

 

 

じゃあどうやって辞めるんだ、と言う話になると思いますが
一概になにがいいとはいえませんが、現状一番可能性が高そうなのが
禁煙外来っぽいです。

 

 

全国の病院を検索できるという意味でこのサイトで病院を探すのが良さそうですが

 

http://sugu-kinen.jp/

 

ファイザー株式会社という企業が運営しているサイトなので
国や県が運営しているわけではないので、なんらかの目的があって
サイトを運営しているはずなので

 

そういうのが気になる方は厚生労働省に禁煙マニュアルがあるのでチェックしてみてください
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/tobacco/index.html

 

厚生労働省のマニュアルをちらっと見ましたが
しっかりとデーターでリスクが紹介されていましたし

 

「短時間でできる禁煙の効果的な働きかけ」
というタイトルのカウンセリングの実践編などもあります。

 

 

最近国のデータベースを見る機会があっていろいろ見てみると
かなりたくさんのデーターが各省庁のサイトで公開されています。

 

ただ、恐ろしく検索するのが大変で狙ったデーターを探すのが大変なデーターもあり
有効に活用されているのが疑問ですが

 

 

何か知りたいことがあった時に営利目的の企業サイトの調査よりは
国のデータにあたるほうが信頼度は高いと思われますので

 

なにか知りたいことがでたときは省庁のデーターベースをあたることをおすすめします。


スポンサーリンク