脳トレやIQ関連ニュース復数読んで気になる点をピックアップします。

 

これら復数の記事から分かったことを踏まえてIQが高いって何かについて考えてみました。

 

IQ脳トレ

今回の記事における結論はあくまでも紹介した記事を読んだ結論です。

 

IQとは何かを研究した結果ではなく、
これら記事を読んだ限りではこういうことが言えそうだという結論になりますので
論理を飛躍させずにお読みください。

 

IQと恋愛とお酒の関係

 

知能は飲酒を決定する多くの要因の1つにすぎないと思うが、IQの低い人は大量飲酒につながるライフスタイルを選択し、IQが高いほど健康的なライフスタイルを選択する可能性がある
http://news.e-expo.net/world/2015/03/post-117.html

 

これはIQがもつ一つの要素で因果関係は証明できない。
そして女性には当てはまらない。

 

でも1つ言えるのはIQを高くすることは飲酒量をセーブできる可能性がある。

 

 

そして以下の理論によればIQは幼少期であれば
いくらかコントロールできそうだ。

 

 

母乳を与える期間が長ければ、少なくとも30歳になるまで知能の向上がみられる
http://www.afpbb.com/articles/-/3042830

 

積極的なパパの育児参加が子どものIQを高める
http://news.ameba.jp/20150316-348/

 

上記の理論の結論は至ってシンプルだ。

 

母親は子供を母乳で一年飲ませ続ける、
父親は子育てに参加し、子どもと多く過ごすことがで
子供のIQが高くなる可能性がある。

 

これって特別なことでもなんでもなくて、
愛情を持って子育てをすれば、それが子供向上につながりそうだ。

 

 

もちろん粉ミルクをあげることが愛情のない行為だというつもりはない。

 

 

ただ、選択の問題で粉ミルクには母乳にはない良さがあるのだろうが
IQという数字に関していえば母乳にはメリットがありそうだ。

 

 

そしてIQがある一定の数字にたっすれば
少なくとも適量以上のお酒で身を壊すリスクを軽減できる。

 

 

ここまでの理論ではIQが高いほうが飲酒量という
ある一つのリスクにおいてはリスクを打ち消す可能性があるが

 

次のIQが高ければ、成功できるかというとそうではないという話をみてみると
IQをというのがいかにあやふやな数字かが分かる。

 

成功者に必要なたった一つの能力

先に結論を引用する。

 

1 成功にはIQや生まれつきの才能は、関係ない。

 

2 鍵はグリットとよばれるものにある。グリットとは、未来に向かって熱心に、根気強く長期的にやり遂げる力のこと。

 

3 グリットと生まれつきの才能は無関係。伸ばすことができるものだ。
http://tabi-labo.com/102475/grid-power/

 

これはペンシルベニア大学の心理学者、Angela Duckworth氏の発見。

 

 

このスピーチで重要なのは教師が子供の能力を
あくまでも数値というもので図るとしたらIQがという数字しかない。

 

 

しかし、そのIQの高さと人生の成功には因果関係はないという。

 

 

学校においてはIQの高さに関係なく
どんな生徒も時間をかければ勉強はできるようになる。

 

 

そして社会にでてからは、
失敗はやめたときに始めて失敗になるという格言にある通り

 

限界を努力で超えることができるかどうかが
成功・失敗の鍵をにぎるというスピーチ。

 

 

まとめ:

 

幼少期に子供に親は愛情をもって接することが重要そうだ、
特に子育てに積極的ではない父親には耳の痛いはなしだろう。

 

そして、最も大切なことはIQはただの数字であるということだ。

 

 

たしかにIQがたかければMENSAのような
世界中の全人口のうち上位数%の人しか入れない組織への道などが開けるし

 

 

数字がたかければ何らかの優遇があるのかもしれない

 

 

しかし、人生において成功するためには
才能があっても、単に途中で決意を放棄してしまう人がたくさんいる中

 

やり続けることが最も成功に近づくという結論は
平凡な答えだが一番難しい回答がだされた

 

 

というのが今回の記事から読み取った結論となる。


スポンサーリンク