大腸がんが女性の死因1位で原因の一つは野菜不足と言われています。
死因1位は厚生労働省の資料にも書かれています。

 

では野菜不足を解消させて予防するために必要なこととは。
大腸がん原因

大腸がんが女性の死因NO1なのは真実か

厚生労働省の統計によると、現在、女性の死因一位は大腸がんです。その原因の1つに”野菜不足”が挙げられています。いまや女性の2人に1人は便秘に悩まされていますが、便秘の主な原因も野菜不足です。

 

厚生労働省や糖尿病学会では、1日350gの野菜の摂取を勧めています
http://www.biranger.jp/archives/144609

 

上記の記事は美レンジャーさんに掲載された記事の引用です。

 

確かに死因のNO1は大腸がんと複数の癌関連サイトに明記されていましたが
データーのソースである厚生労働省の資料「人口動態統計2013」を調べてみると

 

 

女性の死因NO.1が大腸がんなのかな?という感じです。

 

 

ソース:死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率

 

ソースをみると単純な死亡率のみでいえば1位は
肺の悪性新生物(癌)で32.1
胃の悪性新生物 25.8
結腸の悪性新生物 25.5

 

となっています。

 

 

どうやら大腸がんというのは結腸と直腸S状結腸及び直腸の両方の総称のようですが
死亡率、総数ともに大きな開きがあります。

 

名称/死亡率/死亡数
結腸の悪性新生物 25.5/16449
直腸S状結腸及び直腸 8.4/5397

 

この数字を両方たせば死亡率は33.9になり肺がんを抜くんで1位なのかもしれませんが
どう考えても結腸の悪性新生物のほうが死亡率も高く

 

 

同じ大腸がんといえど部位によって死亡率も総数も大きく違うので深刻度が桁違いです。

 

 

まず、大腸がんと診断された場合どの部位に癌があるのかが重要になりそうです。

 

 

大腸がんの症状

大腸がんの自覚症状は、大腸のどこに、どの程度のがんができるかによって違います。がんに特徴的な症状はなく、良性疾患でもがんと類似した症状がおきます。血便、便が細くなる(便柱細少)、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなど排便に関する症状が多く、これらはS状結腸や直腸に発生したがんにおきやすい症状です
http://www.jsge.or.jp/cgi-bin/yohgo/index.cgi?type=50on&pk=D53

 

他のサイトでは結腸がんは症状が出にくく、直腸の場合血便などの自覚症状がでやすいと
書かれているサイトもありましたが

 

引用した日本消化器病学会は特徴的な症状はないと書いているのが
大腸がんが死亡率が高い原因なのかなと思います。

 

つまり定期的に大腸検査をしないかぎりは早期発見が難しいという病気のようです。

 

 

大腸がんの原因と予防

大腸がんの原因を復数のサイトで調べましたが、
いずれも食生活の欧米化等による高脂肪・高カロリー食が原因の癌代表であるとしています。

 

 

厚生労働省は喫煙をせず、緑黄色野菜を取る頻度が高いほど癌のリスクを低下させるとしており

 

 

その目標値は350g以上、果物も毎日摂取が望ましいとしています。

 

 

では、この野菜350gとは一体どれくらいの量で、どうやって食べればいいのかも調べてみました。

 

野菜
上記画像は北九州市の市政だよりから引用させていただきましたが
野菜350gの量に関しての参考になると思います。

 

 

1日の献立のモデルケースがあったので紹介すると

 

●朝食
トースト90g(いちごジャム付)・ハムエッグ・野菜サラダ・牛乳
●昼食
ごはん200g・鶏の唐揚げ・きゅうりの酢の物・オニオンスープ・みかん
●夕食
ごはん200g・あじの塩焼き・かぼちゃの煮物・きんぴらごぼう・キウイフルーツ
http://www.foodmodel.com/category04/as_10.html

 

これポイントは何かわかりますか?

 

それは350gの野菜を三食で食べるということです。

 

つまり野菜が足りないからといって夜に鍋で大量の野菜をたべればOKというわけじゃない。

 

 

その理由は一気に消化することができないからと汗や尿などで失われてしまうから。

 

 

ネット上には350gレシピがたくさんありますが、
やはりおすすめなのはタジン鍋などの蒸す料理。

 

 

加熱するとビタミンCなどの水溶性ビタミンは流れるが
脂溶性ビタミンや食物繊維は残ります。

 

 

生野菜で350gの野菜を摂取するととんでもない量になりますが
蒸す、に代表される加熱を加えることで嵩が減りますので
結果的にたくさんの栄養を摂取することができますよ。


スポンサーリンク