花見といえば宴会。

 

 

花見に持っていくお弁当や差し入れ、つまみの定番以外でこれがあると喜ばれるという食べ物を紹介します。

 

 

桜花見

 

 

 

 

まずは定番のつまみや差し入れ

ほとんどがお店で買ってくるようなものばかりですが

 

 

・焼き鳥
・たこ焼き
・焼きそば

 

 

やはりこの辺りの出店や比較的買いやすい食べ物が圧倒的に花見に持っていくという人が多いです。

 

 

焼き鳥とは違いますが、人気があるのが鶏料理です。

 

 

・からあげ
・ケンタッキー
・コンビニチキン

 

 

やっぱり日本人ならお米が食べたい

 

 

・太巻き
・いなり寿司
・おにぎり

 

 

 

花見は大人数になることもあるので、シェアしやすいおつまみや食べ物が人気なんですよね。

 

 

花見シーズンでこれらは鉄板なので、迷ったらこれらを選べば良いと思います。

 

 

あと、重箱に詰められているとテンションがあがるという意見も多かったので、お弁当はの人は手元にあれば重箱を検討してみてください

 

 

夜の花見はとっても寒い

 

桜花見

 

 

花見の時期は暖かい昼間に反して、夜はまだ寒いです。

 

 

そこで喜ばれるのが汁物です。

 

 

すべての花見会場で可能なわけでもないですし、準備も大変ですがガスコンロを持ち込める人たちならば絶対におすすめなのが「豚汁」です。

 

 

豚汁

 

 

汁物ならばなんでもよいんですが、豚汁を選んだ理由は材料をきって鍋にぶちこんでおけばとりあえず味がまとまるという理由で選びました。

 

 

 

身体を温めるためにしょうがを使っておきましょう。

 

 

※煮炊き禁止の場所では決して鍋を持ち込まないで保温容器に入れて持っていく必要があるので注意してください。

 

 

おでんなど、暖かい食べ物を用意しておくと夜の花見では喜ばれるので是非ためしてみてください。

 

 

やはりスイーツは喜ばれる

お団子

 

花より団子という言葉がありますが、花見にお団子は定番という意見が多かったです。

 

 

桜餅や大福、まんじゅうなどの和食のスイーツを持っていくという人が多かったので、洋よりは和のデザートのほうが雰囲気にあっているのかもしれません。

 

 

買っていくのが面倒くさい人は

ピザ

 

これも地域によってできるところとできないところがありますが、ピザなどの宅配を頼んでしまうのもありです。

 

 

ただし、人がごった返していいますので、花見をしている場所まで持ってきてもらうと配達してくれる人が迷って時間がかかる場合があります。

 

 

ちょっと面倒ですが花見会場の入り口で受け取るのがおすすめです。

 

 

おまけ:地域によって花見の定番は違う

 

 

僕は関東圏に住んでいるんですが、北海道の人でジンギスカンをするという話を聞いて、僕にとって想像もつかない状況に吹出しました。