27時間テレビ2013で放送事故ばりに盛り上がったの
は渡辺麻友 に加藤浩次が顔面蹴り。

 

グダグダ で番組は盛り上げっていない様子。動画あり

 

今年の27時間テレビの評判は

最も顕著なのは女子力とか言いうお寒いキーワードで女性芸人をメインに添えたが、
結局はさんまや男芸人に頼るいつものFNSで企画があまりにもつまらなくてグダグダです。

 

 

もともと この番組 フジテレビではなく フジネットワーク27社で放送していた番組なんだから
各局対抗形式にして、以前のように戻せばイイと思うのですが・・・。

 

 

じゃあ、芸人の評判がいいのかというと、そうでもなく
昨年のホンマでっかTVが評判のよかった、さんまですが今年は老害よばわり。

 

 

フィフィさんが相変わらずいいつぶやきしてくれています。

 

スタジオに響く番組スタッフの大袈裟な愛想笑い。大御所とスタッフの力関係が露呈するだけ。
バカ笑いする程面白いこと言ってるか?そして大御所はウケてると勘違いしてつまらん話を引っ張る…
視聴者とスタジオの温度差。完全に裸の王様状態。業界人の笑の押し付け、傲慢さなんぞ通用する時代じゃない。

 

『FLASH』が27時間テレビのギャラを暴露

森三中が900万円
オアシズが700万円
ハリセンボン、友近200万円
渡辺直美100万円
柳原加奈子90万円
椿鬼奴80万円
マツコ・デラックスが100万円

 

だそうですが、オアシズがどのような配分になるんでしょうね、等分したとしても350万円で
トップのギャラということなんですが、どうなんだろ。

 

 

ちなみにさんまのギャラが1000万だそうです。

 

 

FNS27時間テレビで一番盛り上がったのは加藤浩次とAKB渡辺麻友?

AKBをゴミみたいに扱った加藤浩次を◯ろすとツイッターで苦情が殺到した
土下座位しているまゆゆ、渡辺麻友の顔面に加藤浩次が蹴りをいれた演出。

 

 

まゆゆ、渡辺麻友の顔面に加藤浩次が蹴りをいれた動画はこちら

 

AKB48渡辺麻友が蹴られてスッキリという意見と
女性の顔面に蹴りをいれるのはさすがにやりすぎ

 

という意見に真っ二つに割れてしまった今回の行為。

 

 

ただ、加藤浩次といえば以前は狂犬とよばれ、数々の番組で芸能人相手に暴れまわっていた
過去をもつだけに、最近の司会者として収まって丸くなってしまった加藤浩次は魅力半減だったので
このコーナーが好きという人も多いのかもしれません。

 

 

放送事故といえば森三中の大島が女風呂のコーナーでジャンプした際に・・・ニプレスだよね、
そうだよね・・・なこともありましたが
そんなに話題にはならないと思うのでスルーしますが、気になる人は検索してください。

 

 

27時間テレビ2013の視聴率は大惨敗

10.3% 2003 みのもんた (みんなのうた)
16.9% 2004 ナインティナイン・中居正広 (めちゃオキ)
13.0% 2005 笑福亭鶴瓶 (あっつい)
12.6% 2006 中居正広 (クイズ)
12.4% 2007 香取慎吾 (なまか)
13.8% 2008 明石家さんま (笑顔)
13.8% 2009 島田紳助 (ヘキサゴン)
12.6% 2010 島田紳助 (ヘキサゴン)
14.0% 2011 ナインティナイン・中居正広 (めちゃデジ)
14.1% 2012 タモリ (団結)
*9.8% 2013 女芸人 (女子力)

 

これは過去10年の視聴率の繊維ですが、2001年西山喜久恵、木佐彩子、小島奈津子
というフジテレビのアナウンサーがメインをつとめたこともあるのですが
その年以来の大物司会者やタレントをキャストしていない27時間テレビだったわけですが

 

 

結果は大惨敗です。

 

 

この放送の冒頭でマツコ・デラックスが今フジは嫌いな曲NO1でぶっちぎりだ、という発言を
したことが話題になりましたが、フジが嫌われているという点はこんなところにも表れています。

 

 

フジの地震速報が遅いと、相変わらず震災関係では批判が多い

NHKは、のど自慢から、地震情報に切り替えてまでも速報を伝えていましたが
バラエティを流し続けることがそんなにフジにとっては大事なんでしょうか?

 

 

今年の27時間テレビは(も)失敗だったようで、最終的に女芸人が
乳首の色談義 男の股間談義 など下ネタに走ったのは残念でしたね。

 

 


スポンサーリンク