鏡開きは2015年はいつ行えばいいのでしょうか?
こたえは松の内が終了してからで日にちも決まっていますが、
関東と関西ではなぜかその日にちが異なるので注意です。

 

鏡開き

 

2015年の鏡開きの日は1月11日

鏡開きは全国共通の日にちは1月11日になります。

 

ただし、関西では1月15日に行われる地域もあります。

 

また、京都の一部地域では1月4日行うこともあるそうです。

 

 

そもそもなぜ1月11日に鏡開きを行うのかというと
正月は年神さまを迎え入れる行事であり、年神さまがいる期間を松の内といいます。

 

 

年神さまは餅を依代とするため、松の内の間は餅を食べてはいけないのです。

 

 

江戸時代までは1月20日に鏡開きを行っていたようですが
徳川三代将軍・徳川家光4月20日に亡くなったため、月命日の20日から
11日に鏡開きを行うように幕府が指導したと言われています。

 

 

そのため、幕府の影響を受けにくい土地柄であった大阪を中心とした関西圏では
いまだに11日ではなく15日から20日にかけて鏡開きを行うのではないかと言われています。

 

鏡開きのタブーと守らなければいけない事

まず鏡開きを行う際に気をつけていただきたい点は

 

鏡餅は神の依代であると考えられていたため、刃物を向けてはいけません。

 

 

上記の画像のように木槌で叩くのが良いとされています。

 

 

鏡開きにおいて大切なこと

それは鏡餅を処分することが大事なことなのではなく、
お餅を割って食べることが大切です。

 

 

なんでわざわざ堅くなった餅を食べなきゃいけないんだと思ったかもしれませんね?

 

その理由は餅が神の依代であることを思い出していただきたいのですが
神が宿った鏡餅を食べることで1年の一家一族の無病息災をお願いするという目的があります。

 

鏡餅を割ってしっかり食べることがとても大切な神事だということがわかったところで
大きな問題が発生する可能性があるんです。

 

 

それは最近の鏡餅は以下の商品のように

真空パックになっていてすでに小分けされた餅をパック詰めした鏡餅になっています。

 

この場合は当然餅を割る必要はありません。

 

包丁を使わずに(使う必要すらありませんが)魔除けの効果もあるあずきを使った
おしるこに入れてしまうのが一番よい食べ方でしょう。

 

 

もう一つの問題は鏡餅が割れない場合です。

 

というのも十分に乾燥させないと木槌で餅を割るのは案外と難しいです。

 

餅がどうしても割れない場合は半日餅を水につけて
電子レンジで八分ほど柔らかくし手でちぎりましょう。

 

鏡開きといえばお酒の樽を割るのも鏡開きという


 

これは由来としてはタルの蓋を酒屋は鏡と呼んでいたので
鏡を木槌で開くので「鏡開き」というのです。

 

お酒もお餅も鏡開きには健康や幸福などを祈願し、その成就を願うという意味がありますが
お餅はお酒と違って開く日にちが決まっているので注意が必要ですよ。


スポンサーリンク