スーパークールビズ2014ファッションで気をつけることを失敗例から抽出してみましょう。
今年のトレンドなども合わせて紹介。

 

クールビズの失敗例9パターンがネットで話題になっていますが
これをまとめるとこうなります。


 

失敗の9パターンにはアロハシャツや長袖のシャツをまくるよりは半袖などの意見もありますが
失敗のパターンは上の3つに集約されます。

 

 

これらをあえて文字にして解説すると
・失敗例1はサイズ感とありあわせ感
・失敗例2は清潔感と若作り
・失敗例3は1と2に加えてビジネスに相応しくない服装

 

つまりスーパークールビズとは家にある涼しそうな服を組み合わせるだけではだめで
さらに露出が増えることで清潔感がより重要になる。

 

しかもその服装がビジネスシーンにおいてふさわしいかどうか考える必要がある上に
一つ一つのアイテムはビジネスシーンで違和感がないアイテムでもチグハグ感がでると
途端にオモシロファッションになってしまうという危険きわまりないものです。

 

スーツの上着を脱いでネクタイを取ればいいという発想では
いままでスーツによって保たれていた年齢相応の威厳が吹っ飛びます。

 

スーツはある程度恰幅が言い方のほうが威厳とか迫力がでますが
スーパークールビズは体型をまったくカバーしてくれません。

 

 

スーパークールビズで最もやってはいけないパターン

 


今年のクールビズでは男性向けでは「白パンツ」が各社とも一押し。昨年は緑やオレンジなどのカラーパンツが多かったが、「白はシャツがフォーマルでもラフでも合わせやすく、売れ行きがいい」(そごう・西武)という。「くるぶしが出る短い靴下と丈の短いパンツの組み合わせも人気」(高島屋)

 

これです。
理由は3つあります。

 

1.着こなすにはかなり上級者でないとむり
2.アパレル業界があきらかに流行を作ろうとしているファッション
3.カジュアルなイメージが強い

 

この3つの中で考えて欲しいのは明らかに作られた流行だということです。
新しいアイテムを毎シーズン提案しなければ、流通が増えていかないわけで
本当にホワイトのパンツが必要なのかをよく考えてくださいね。

 

それとクールビズ失敗の9パターンに長袖のシャツをまくるのがだめとありましたが
半袖のシャツを着ているとどんな人でもおじさん臭くなるし、まくっている男性のほうが圧倒的にかっこいいという
意見のほうが多イイです。

 

 

このアンケートは10代から20代の女性が対象という点に注意してください。

 

若い年代層には男性でも脱毛をしていたり、とにかく男性も中性的になりつつあり
そういった男性を好む女性にとっては半袖のほうが可愛らしいのかもしれません。

 

 

あなたの職場にいる女性が30代以降が多い場合は長袖の袖をまくって
たくましい腕がみえるほうが男らしいという意見が多いことも頭にいれてください。

 

 

なぜ半袖を推すかというと、長袖の裾まくりがOKなら半袖シャツなんて売れなくなるわけですから。


スポンサーリンク