【小ネタ】HEAT主演のAKIRAが棒読みすぎて子役にも劣り、
もはやセリフを少なくするしかないとか記事に書かれる始末。

 

 

でも本当に棒読みなのか、動画でみてみると・・・。

 

 

HEATアキラ棒読み

役者歴10年のAKIRAの正念場

栗山千明、佐藤隆太、SMAP・稲垣吾郎、田中圭、堀内敬子ら、脇を固めるキャストが自然な演技をみせる中、AKIRAは相変わらずの“棒ぶり”を発揮。セリフに抑揚がなく、表情も『ゴルゴ13』のデューク・東郷のごとく眉間にシワを寄せるばかりで、1人だけ浮いている感が否めない。

 

 

ネット上では12歳の藤本哉汰の演技と比べられ、「AKIRAは、子役以下」との辛辣な意見も。

 

『HEAT』でここまで共演者となじめないとなれば、もうセリフを減らすしかないでしょう」(テレビ誌記者)https://gunosy.com/articles/afyr1

 

 

 

ドラマが始まる前から映画化が決まっているドラマなんて
見る気がしないということになぜ気が付かないのか?

 

 

映画化が決まったドラマの最終回は
映画を見ないと結末がわからないような作りが多くて
ドラマとしてどうなの???と個人的には思いますし

 

 

同じような感想も多かったはず。

 

 

 

ドラマの途中で映画化と聞くだけでかなりがっかりするのに
始まる前からって・・・。

 

 

 

まあ、気を取り直して
本当にAKIRAは棒読みなのか?動画でチェックしてみましょう。

 

 

 

YOUTUBEにドラマのフル動画がありますが多分すぐ削除されるので
チェックはおはやめに。

 

 

 

 

棒読みがどうのこうのというより
2話目で早くも視聴率が3.9%だったことが大きいのかなと。

 

 

ここまで印象が強い数字がでてしまうともはや何をやっても
主演であるAKIRAの演技には疑問が着いてしまいます。

 

 

 

一度かかってしまったバイアスは簡単には取り除けないので
もう棒読みをネタにして徹底的に空気を乱す存在にするか
それこそ無言でチャップリンばりに演技させるしかないかも。

 

 

HEATに炎上命令

HEATアキラ棒読み2

ある役職者は『ネットで炎上してもいいから、注目を集めろ』なんて命令する始末」とスタッフ。

 

このスタッフは、過去6年ほどのドラマ制作経験の中で、ネット工作を指示されたのは初めてだと驚く

 

「EXILEのファンはヤンキー系だから水商売をしている人が多く、放送された夜の時間帯はちょうど出勤していたんだろう。録画はかなり多かったはず」という話も出ているという。

 

 

 

映画版も、角川などと組んで進んでいる広告代理店主導のプロジェクトだそうで
要は音楽との兼ね合いがあるからドラマは事業部のプッシュだそうです。

 

 

 

録画率はネットで検索してもまだ7/5分までした公開されていないので
わかりませんがあまり期待できないんじゃないかな。

 

 

 

動画でみてみたらAKIRAの演技言われているほどひどくないじゃん
という流れで記事をかけないかなとおもって書き始めたんですが

 

 

たしかに眉間にしわをよせているシーンが多いけど
言われているほど棒読みかな??

 

 

話題になっている子役が出てくる回の動画ではないのでなんとも言えませんが
あまり感情を表にださない役柄のようなので演技上仕方ないようなきがします。

 

 

 

が、ここまでネガティブな要素(低視聴率、以前からの棒読み批判、映画化)が揃うと
やっぱりAKIRA演技うまいじゃん!!と評価をひっくり返すのは難しいです。

 

 

HEATの今後はAKIRAのワンマンショー!

第四話にて平均視聴率3.4%と最低視聴率を更新したHEAT。

 

 

その回には大きな特徴があったようなんです。

 

 

 

それはAKIRAの登場シーンが異常に多い。

 

「第4話は、不自然なほどにAKIRAが出ずっぱり。一方、メインキャストであるはずの栗山千明演じる消防団のリーダーは、冒頭で突然、『イタタタ……』と腹痛で倒れて入院したため、その後の目立った登場シーンはなし。二番手の佐藤隆太が演じる消防士隊長も登場シーンが減少し、もはや“チョイ役”。今回は“AKIRAのワンマンショー”といえるほどに、彼の“棒演技”がドラマの大半を占めた。今回の低調は、そこも影響しているのかも」(テレビ誌記者)
http://news.livedoor.com/article/detail/10406406/

 

 

今後もこの傾向が続くとすれば、
もはや楽しみはAKIRAさんの演技がいかに上達していくかにかかってます。


スポンサーリンク