鈴木亮平の英語力を動画で確認!
主演映画「TOKYO TRIBE」海外メディアからの質問に通訳を介さない英語力。
外語大卒で英検1級の実力とは。鶴瓶の息子とそっくり?

NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で主人公の夫役を好演中の俳優、鈴木亮平(31)が7日、
東京・有楽町の日本外国特派員協会で主演映画「TOKYO TRIBE」(30日公開)の園子温監督(52)とともに会見。
海外メディアからの質問に通訳を介さず、流ちょうな英語で答えたほか、
自ら日本語の“通訳”も務めるなど、英語力の高さを披露し、驚かせた。

 

もしかすると今、最も注目されている俳優のひとりなのかもしれませんね。
朝ドラがヒット、「TOKYO TRIBE」は漫画としては名作の一つですし
今回の英語力で彼が東京外語大学出身でインテリであることもプラスになりそうです。

 

鈴木亮平さんといえば、鶴瓶の息子である駿河太郎さんと似ているそうですが
画像で見ると確かにちょっとだけ似ているかもしれません。


 

鈴木亮平といえば筋肉?

男性好きが選ぶ好きな芸能人ランキングによると

 

1位向井理
2位福士蒼汰
3位鈴木亮平
4位斎藤工
5位西島秀俊

 

というランキングなんですが、鈴木亮平が人気なのは
イケメンではないかもしれないけど、インテリで馬鹿っぽく見えない上に体がすごいから
だそうです。

 

 

ちなみに鈴木亮平といえば変態仮面なんですが(実際の画像は自粛します、検索してください)


 

映画が公開されたときもあっち方面の方からは仮面で顔が隠されていて
肉体だけが露出しているなんて、最高!という評価だったようです。

 

鈴木亮平の英語力

TOKYO TRIBEの記者会見で英語を話す動画はなかったのですが
この動画で彼の英語力がどの程度のものか見当がつくと思います。

 

 

英検1級というのがどの程度の英語力を求められるかというと
難しい筆記の1次試験をパスすると、2次試験は面談で

 

5つのトピックが書かれたカードを受け取り、メモは禁止で1分の準備時間。
1つを選んで内容を考え、2分間英語でスピーチする。

 

 

これに加えて試験官との4分間の質疑応答です。
英検1級の合格者のTOEIC平均は950とも言われていますね。

 

 

体格よし、英語力に問題もないということでハリウッド向けなのかもしれませんが
園子温監督の映画は海外でも注目されるようなので鈴木亮平さんにとって大きな飛躍となる映画になりそう。


スポンサーリンク