ベッキーが以前いっぷくで語った冷えとり靴下。
今年の『ベストビューティストアワード』でも、まだ冷えとり靴下を愛用していると発言。

 

靴下が美脚の秘密なのか!冷えとり靴下とは何?

 

 

 

いっぷく出演後にはこんなツイートをしています。

 


 

 

履く順番は「シルクの5本指靴下」「ウールまたは綿の5本指」「シルクの先丸靴下」「ウールまたは綿の先丸」。多くの健康本を読んだ彼女が巡り合ったのが、冷えとり健康法の生みの親で医師の進藤義晴さんの著書だったという。
http://jisin.jp/news/2660/8056/

 

この健康法の提唱者である進藤義晴さんの次女で
二女で、“冷えとりアドバイサー”の進藤幸恵さんによると入浴時以外は
ずっと冷えとり靴下を履き続ける状態でいることが重要だそうです。

 

そのためベッキーはブーツなども少し大きめのサイズを買って、
冷えとり靴下を履いた状態でブーツを履けるように工夫しているそうです。

 

冷えとり靴下は何のために履くの?

この手の話題で気をつけなければいけないのは
芸能人がおすすめの方法をテレビで紹介したからといって鵜呑みにしないことです。

 

まず、テレビという公共の電波で効果を紹介するぐらいなので
その紹介したタレントさんには効果があったことは間違いないでしょうが
冷静に反対意見がないか探してみましょう。

 

 

この冷えとり靴下にも反対意見として「効果がない」という意見をネットで探してみて
なるほどなぁ〜と思ったことがあります。

 

それは10年以上冷えとり靴下を体験している人の話です。

 

 

(ちなみに冷えとり靴下の提唱者である
進藤義晴先生が「万病を治す冷えとり健康法」を出版したのは1988年ですので
かなり歴史のある方法です。)

 

 

「冷え取り靴下」は効果があるという人で、
「重ね履きで冷えが取れて、今はまったく靴下は不要です。」
と言ってるひと、居ます!?
「重ね履きで冷えからくるさまざまな身体の不調がなくなりました。」
というのは見かけますけどね。これでは「冷え症が改善」したとは言えませんよね。
http://blog.livedoor.jp/libri-haheo/archives/34012892.html

 

多分、冷えとり靴下を推奨する文言の中に
足裏から毒素がでるのでデトックス効果があると謳われていると思います。

 

この治療法は東洋医学をベースにしていますので、
当然邪気や毒素を排出することを重要視していますが

 

この方法はずっと靴下を履き続けることを前提としていますが
常に毒素を出し続けるなんてことが本当に可能なのか疑問です。

 

引用したブログ以外にもデメリットを挙げているサイトがあり
・靴下を重ね履きすることで、足の持つ柔らかい動きが制限される
・強制的に足元を温めることで身体本来がもつ熱を生み出す仕組みが失われる

 

といった意見があります。

 

それと個人的によく考えて欲しいのは
確かに冷えとり靴下を履けば、足元が温まり美容効果があるのかもしれません。

 

でも、ベッキーはブーツを履くときも靴下を履き続けると発言しているように
ずっと冷えとり靴下を履き続ける生活を本当にしたいですか?

 

 

ぶっちゃけ4枚も靴下履くの面倒ですし、それだけ重ね着すれば暖かいに決まってますよね。

 

 

脚を温めることは大切です、それは間違いありませんが
冷えとり靴下を手放せない人生というのもリスクが高いです。

 

テレビでタレントがあんなの効果ないよ、と発言してメーカーが撤退したら
シルクの5本指ソックス手に入らなくなるかもしれませんよ、笑。

 

 

冷えとり靴下を履いてまずは3ヶ月を目安にする

否定的な意見を書いておきながらなんですが、冷えとり靴下を全否定はしていません。

 

多分効果あります、でも一生続けるべきではないと思います。

 

 

じゃあどのくらい続けるべきか。

 

 

提唱者の進藤義晴先生インタビューから目安を見つけました。

 

 

センセイのインタビューに
「半身浴はとてもいいが24時間できない」
「だから擬似的に半身浴状態を作るために冷えとり靴下を履く」とあり

 

さらに
「絹の間に綿やウールを挟む事で毒出しの能力がいっそう高まる」
「毒気で靴下が破れるが、3か月経っても洗う必要はほとんど無いくらいに綺麗」

 

という発言があり、3ヶ月で体質が改善したかを目安にするといいのではないでしょうか?

 

 

靴下を4枚重ねるとさすがに一枚の時と比べると足は大きくなりますが
靴下を重ね履きするという行為自体にはすぐに慣れるようなので

 

 

3ヶ月続けることにストレスはあまりないと思います。

 

 

なので3ヶ月デトックスと脚を温めて、体調が良くなったと感じるのであれば
次のステップに進んで靴下に頼らずに身体の自助努力だけで冷えを克服する
身体創りに進んではいかがでしょうか?

 

 

いきなり運動や食事を変えるのは苦痛ですが
冷えとり靴下を使って身体があたたまる状態を経験してみて

 

 

以前とどれくらい身体が変わっているのかが実感できれば
ちょっとした運動や食事を変えることぐらいなら努力出来るようになるかもしれません。

 

 

まずは靴下を履くだけの簡単な療法から初めて、本質に至るということです。

 

冷え性の原因とは

冷え性の原因

 

様々な説がありますが共通していることは
・筋肉量の低下(運動不足)
・自律神経の乱れ(ストレス)
・食事
・姿勢

 

といったことがあげられていますが、どれもすぐに改善はできませんが
習慣化さえ成功すれば継続することは難しくありません。

 

 

これは個人的な体験になりますが、ランジと呼ばれる太ももを鍛える運動がおすすめ。

 

太ももがパンパンになりますが、つま先の冷えなど感じないぐらいに脚が温まります。

 

意外に思われるかもしれませんが、太ももを鍛えることで
他の腹筋などの効果も目に見えて高まります。

 

この記事のまとめ
冷えとり靴下は多分即効性があり効果はすぐに感じられるが
10年冷えとり靴下を履き続けても冷え性が改善しない人もいる。

 

冷えの根本原因の解消への足がかりにするのがおすすめ。


スポンサーリンク