いいとも終了後の後続番組の司会最有力は加藤綾子で、
男性も局アナを起用するようです。タモリへの配慮ということですが本音は?

タモリへの配慮よりも大切なのは視聴率なのに

人気No・1の 加藤綾子アナ(28)が最有力相手役も同局の男性アナを検討。
次の番組の顔を タレントではなく 局アナに絞ってきたのは 32年間貢献してきたタモリ(68)への配慮

 

 

ということなのですが、加藤綾子はたしかに女子アナとしての人気は不動のものですが
フジがいいともを終了させた狙いは視聴率の回復です。

 

 

年間5億円ともいわれるタモリの高額ギャラがネックなのではという噂もありますが
フジサンケイグループの連結売上高は6320億円、他局を大きく引き離し、金の問題ではない模様。

 

 

初の視聴率3冠を取った82年に始まった番組である笑っていいともを切ることで
視聴率をあげることができない、とくダネ!の小倉智昭や
『スーパーニュース』メーンキャスターの安藤優子の首も切りやすくなる。

 

 

フジは本気で番組を改変し、視聴率を回復させるために大鉈を降ることを決意したと言えます。

 

 

なので局アナを使うことでギャラを抑えようという意図は無いはずで
局アナを使うとしてもゲストには大物芸能人を揃えてくると思われるんですよね。

 

 

ただ局アナ、特に加藤綾子を使うことに疑問を感じる人がネットでは多いですね。

 

 

いいとも後続番組が加藤綾子司会ではめざましテレビの昼バージョンになるのでは?

タモリさんに配慮したというなら、次の番組こそ面白くて視聴率取れそうな番組にするべきだと思うのですが
安易に加藤綾子を選ぶとしたらフジテレビの迷走は終わらない気がします。

 

 

ネットで一番多い意見は結局のところ「他にいないの(加藤綾子以外)」ということ。

 

 

「週刊朝日」が30代以上の1000人を対象に実施した
「好きな女子アナ・女性キャスター」はダントツで滝川クリステル。

 

 

オリンピック効果があったのは間違いないですし、滝川クリステルの人気がずっと続くわけでは
ないことはわかっていますが、それは加藤綾子にも同じことがいえますよね。

 

 

大半の視聴者が女性であろう時間帯に、
男性受けがいいアナウンサーをメインに持ってくる(女性受けが本当にいいのかは不明)のは
ずれている気がするんですけど、それでいいんですかねぇ・・・。

 

 

 

追記 10/25「いいとも」の後番組にさんま意欲

 

さんま独占激白!いいとも後番組「俺がやる」
4月から俺がやる!「笑っていいとも!」来春打ち切りのショックは芸能界に広がり続けている。後番組をめぐっては様々な臆測が乱れ飛んでいるが、タモリの盟友とも呼べる“ビッグ3”の1人、明石家さんまが、本紙だけに注目発言をブッ放した。

 

 

ソースは日本の大正義:東スポです

 

さんまの番組なら面白いでしょうが、平日の昼間の司会というイメージはさすがにないなぁ。
でも、さんまは60歳で引退すると宣言していたようなきがしますけどね。

 

 


スポンサーリンク