とくダネで放送した若年性脳梗塞の原因が怖すぎます。

 

 

テレ東の大橋未歩さんが軽度の脳梗塞であることを発表し、
再び話題になっている脳梗塞の原因。

 

若年性脳梗塞とは

脳梗塞は50〜70代の発症が圧倒的に多いため
若者には無縁の病気だと考えられがちだが

 

45歳以下でなった場合には若年性脳梗塞といわれている。

 

 

脳梗塞全体の3%ほどで発症例こそ少ないものの、
ここ10年で1.5倍に増えているとの研究もあるそうだ。

 

 

脳梗塞の原因は生活習慣だけではない

 

脳梗塞というと、高血圧やら動脈硬化といった生活習慣病との関連がよく語られるが 外部からの衝撃でなることもある。永山正雄医師(国際医療福祉大学熱海病院)によれば、「極端に首を回したり、ボキボキとしたりする」と首に負担がかかり、脳の動脈の壁が割ける脳動脈解離なるタイプの脳梗塞になることがある。若者たちの脳梗塞のなかでは、かなり多いという。
http://news.livedoor.com/article/detail/7334411/

 

 

 

たしかに、接骨院で首回すのは良くないと言われてことがありますが
そもそもこの永山医師の発言の元となったであろう記事は
dailymailに掲載された記事ではカイロプラクティックにおける
首ポキについて書かれたものと言われています。

 

 

引用した記事はちょっと大げさで、実際には
自分でか他人がではなく首を回したりすることで強い負担がかかるのが
問題だとテレビでは発言していたはずです。

 

 

若者の脳梗塞の原因というのはちょっと議論が飛躍しすぎていますが
首を極端に強く回して、ボキボキならすことが
健康にとって良くない行為だという点は間違いが無いと思われます。

 

 

ネットでは体験談として

  • 首ポキしすぎて自律神経失調症で倒れたとか
  • 同僚で脳梗塞になった人は豪快に首を鳴らしてた

といった証言もあるので無関係ではないでしょうが
やらないほうがいいこと、は間違い無さそうですね

 

 


スポンサーリンク