may jと松たか子のどちらが紅白でアナと雪の女王のLet it goを歌うのか?
すでに契約でMay Jに決まっているというのが定説、松たか子に歌わせる案もあるというが。

 

そもそも紅白で「Let it go」が歌われるのかどうかもまだ決まったわけじゃないんですけどね。

 

 

よくよく調べてみると確かにMay Jは紅白に関して
今から予定を開けて仮抑えしているという発言をして炎上しましたが
でもディズニーとの契約上「Let it go」の正式な歌手はMay Jなんです。

 

民放の歌番組のスタッフは「視聴者からは『なんでこんなに話題になっているのに出さないの?』『松さん、沙也加さんの歌を聞きたい!』という声が出ています。当然、番組はオファーしているんですが、松さんも沙也加さんも『今回の映画には、声優として出演したから』という理由で出ていただけない。ディズニーとは声優として契約しているので、歌番組で歌うためには、ディズニーの許可が要るそうです」と、語る。

 

というわけで、テレビ番組で「レット・イット・ゴー」が聞けるのは、ディズニーとの契約上May J.(25)だけということになっているらしい。

 

ただし、NHKのために許可をとって歌うということはもちろん可能で
歌番組での露出が契約上できないという背景が
NHKの紅白で初解禁となったら、それは話題になるでしょうね。

 

あまちゃんの時のように特集を組んで
『アナ雪』コーナーを作ってオラフ訳のピエール瀧さんも出演するという噂もありますが
NHKが自局の作品ではないアナ雪のためにそこまでやるとなると

 

露骨に視聴率を狙いにいったということになります。

 

ところで
世間の声は圧倒的にMay Jよりも松たか子や神田沙也加が歌う
「Let it go」を望む声が圧倒的なんですがその理由はなんなんでしょう?

 

MAY Jが嫌われる理由はドヤ顔と仕分けでのパフォーマンス?

別にMay jがすきなわけでもなんでもないんですが、ちょっと彼女が可愛そうだなと思う部分があって
それはMay Jよりも圧倒的に松たか子のほうが上手いという論調があることです。

 

冷静に聞いてもらえば、劇中歌である松たか子VerのLet it goとエンディングロールの「Let it go」は
微妙に異なる曲ですし、松たか子のほうが圧倒的に上手いということは決してないです。

 

 

まずですね、映画を見た人だったらMay Jよりも松たか子のほうが印象に残りますよ。

 

映画のクライマックスで、最も共感を集めるシーンで声優さんの声で
ありのままの、自分(の能力)を出しても
誰も傷つけることない場所で独りで生きていく決意をする悲しくも素晴らしいシーンを

 

エルサの声で歌われ泣くシーンを担当しているのが松たか子なんですからね。

 

 

でも、今回の反応で明らかに好感度の高すぎる松たか子と比べられたMay Jは
あまりの嫌われっぷりはそれだけで同情したくなるほどです。

 

 

May jが嫌われているポイントは
・Let it goでも多用しているビブラート
・音程に忠実に歌う手法ゆえの個性のなさ
・オリジナルよりもカバー曲アーティストの印象がつよい
・ドヤ顔

 

 

結局、May Jと松たか子のどっちが好きかというレベルの争いになっていて
どちらの曲がいいかと聞かれたら別の曲だからそもそも比べるのがおかしいわけで

 

声優さんが劇中で歌う曲と歌手がエンディングで歌う曲(歌詞も局調もちがいます)を
同列で語るのは無理があります。

 

どちらにせよ、紅白で「Let it go」が歌われるのが決定していて
どちらが歌うのかが不明ならこの論争も理解ができますが
別の曲を歌う別の歌手を比べる意味はあまりないと思います。


スポンサーリンク