IKKO激怒しカツラを取る!画像あり『全力教室』。
部屋の片付けができない女性にIKKOが切れる、という展開ですが、
いかにもテレビらしい演出にがっかりの人続出。

 

 

 

全力教室のIKKO編には賛否両論

今回のIKKOによる全力教室には賛否両論があるようです。

 

どんな非難があったかというと
・生徒役が本当に素人なのか
・Ikkoさんが一番ヒステリック
・言ってることが矛盾している

 

というもので今回の放送が一番やらせくさかったという意見と
IKKOも出演している素人もお互い意見が矛盾していて議論が空転しているというもの。

 

 

ちなみに大手ニュースサイトが配信している記事で

 

「日々の環境が美しさを決める」などと持論を交えながら授業を進めていたIKKOだったが、一人の生徒の“ある発言”に、スタジオの空気が一変するほどに激怒。カツラを脱ぎ捨て、「テレビに映りたいだけで来たのなら帰れ!」と、口調も厳しいものに。

 

ある発言というのは

 

「ikkoさんだって無理しているじゃないですか?」という最前列に座っていた女性の発言でしょう。

 

その結果→IKKOズラを取る。

 


 

 

この画像を見るとひどい髪型ですけど、あくまでもズラを取ってそのままにしているからでして
放送中にもIKKOのインタビュー画像の中で、ズラをとってすっぴん風のIKKOの映像を流しています。

 


 

 

たしかに上述の「ある発言」でIKKOの感情がゆれて感情的になりましたが、
心の揺れを隠さず文句をつけてきた彼女と一緒に、その問いに対する答えを出した
という点は評価できる点だと思いますけどね。

 

 

怒鳴ったり、言葉で相手を威圧したりするのはIKKOのキャラ上は必要な演出ですから。

 

 

結局全力教室IKKO編の問題点は

 

  1. 5時間とも7時間とも言える内容を1時間に編集している
  2. 生徒さん達の肩書が「芸人」や「俳優」で素人ではない(TVでの露出をふやしたい)
  3. IKKOの経験則を語る場なのに、その経験に駄目だし

 

1.に関して
編集をしているので喜怒哀楽の遷移がよくわからずグダグダな展開に。

 

2..について
IKKOさんに噛み付いていた(と思われる)女性に対してツイッターで
「物凄い整形しはったけど昔から売れないタレントしてはるねん。」とつぶやいた人とのやりとり


 

どうやら八幡愛さんという方でダンススクール代表やってらっしゃるとか。
編集があるのでどんなやりとりでこの八幡さんがIKKOとバトル(風)な展開になったのかはわかりませんが
IKKO本人もテレビに出たいだけの人もいると語っていましたが、それ目的の人もいたでしょう。

 

 

3.に関して
先生側であるIKKOの経験則を聞きたい視聴者にとって
生徒側の主張や言い訳が放送されることに不満を感じた人は多いでしょう。

 

 

ちなみに八幡愛(最前列で絡んできた人)に「出て行け」と連呼したのは、
IKKOがパニック障害を体験して、頑張った体験に対して

 

 

うつ病の人は、「無理にがんばらなくていい」とその前に発言したことに関して、
「頑張らなくいいと言ったのに自分は頑張ってるじゃないか」と発言したからです。

 

 

IKKOは、うつ病の人に対して無理はしなくていいと行っているのですが
IKKOは性同一性障害とパニック障害なので状況が違います。

 

 

「女性でもないのに」IKKOに何がわかるという発言が生徒からありましたが
ではなぜこの生徒はIKKOの講義に参加したのでしょう?

 

 

長時間の講義を編集しているので、前後が繋がらないという前提があるので
どうしても生徒とIKKOのやりとりが不自然で台本、やらせ、仕込み感が
でてしまったのが残念な今回の全力教室になってしまいましたね。

 

 


スポンサーリンク