いまさらですが、スカイツリーに行ってきましたので感想を。

 

 

 

登った日時は夏休み終わりの金曜日11時頃、チケットは当日券でも並ばずに買えるほど空いてました。

 

 

 

空いていたので景色ものんびり見れて満足度高し、でも混んでたらげんなりするかも。

 

 

スカイツリー1

 

 

押上駅からスカイツリーまで

 

 

スカイツリーまでは押上駅を利用しました。

 

 

押上駅はソラマチの地下3階(B3)にあり、改札をでて右手にエスカレーターがあります。

 

 

僕は1Fで外にでてソラミ坂でスカイツリーを見上げて写真を撮りました。

 

 

 

その後ジブリショップなどを通過しつつ、エスカレーターを使って4Fまであがり、星のカーヴィのカフェを抜けてイベントスペース(僕が行った時はビアガーデン)を通り過ぎるとエントランスです。

 

 

 

当日券での入場だったので予約した人専用カウンターである正面玄関からは入れず、すこし迂回して北エントランスへ。

 

 

 

スカイツリー受付

 

 

 

カウンターはめちゃくちゃすいてました。

 

 

 

ただ混雑時用の整理通路の長さをみると、混雑しているときはチケットを買うことすら大変なのかもしれません。

 

 

 

その後エレベーターに乗っていよいよ天望デッキへ。

 

 

エレベーターは4基あるのですが、それぞれコンセプトがあり内装が異なります。

 

 

 

春夏秋冬のテーマにわかれていて、僕が乗ったのは夏、帰りは冬のエレベーターでした。

 

※どのエレベーターに乗るかを僕が行った時は選ぶことはできませんでした。
着た順番に案内されたので狙ったエレベーターに乗れるのかはわかりません。

 

 

※春のエレベーターは工事中で10月まで運休していました

 

 

展望台からの景色はやっぱり圧巻

 

スカイツリー天望デッキ1

 

スカイツリーは360度東京の町並みを見渡すことができるのですが、天気がよければ富士山や南アルプス、赤城山などの山々も見渡せるそうです。

 

 

僕が行った日は晴れていましたが、遠方まで見渡せるほどの快晴ではなく残念ながら富士山などは見えませんでした。

 

 

チケットとともに渡されるパンフレットにスカイツリーから見える景色と神社や橋など観光名所などが載っているパンフレットをもらえます。

 

 

柱番号がそれぞれの景色に割り振られているので、どこの窓から見るとどの風景が見えるのかがすごくわかりやすいので、新宿、皇居、ディズニーランドとか結構簡単に見つけられので、パンフに宣伝されている通り日本一高い場所から東京や周辺地域をみることで新たな発見は確かにあります。

 

スカイツリー天望デッキ2

 

 

また六本木や渋谷、銀座や新宿など繁華街や都心の風景と、北千住や日光、千葉方面などは比較してみると明らかに景観が違うので見ていて面白いです。

 

 

 

僕が行った日は富士山など遠景が望める天候ではなかったため、展望デッキよりも上の天望回廊までは昇りませんでした。

 

 

天望回廊は天望デッキとは別料金で、天望デッキにてチケットを買ってさらに地上450Mにあがることができます。(大人1030円、小学生510円、幼児310円、中高生820円)

 

 

 

天望回廊は当日券のみなので事前予約はできないようです。

 

 

展望デッキは3階層あって、エレベーターで350Mまであがり、そこから階段を使って345、340と降りて、340にある下りエレベーターを使って地上に降ります。

 

 

 

 

エレベーターで到着する350に比べてレストランフロアがあって360度見回すことができないためか345、340は空いている印象があります。

 

 

また345には座って景色を眺めることができるフリースペースなどもあります。

 

 

スカイツリー天望デッキ345

 

 

そして340にはガラス張りになっていてましたが下を覗ける定番スポットがあります。

 

スカイツリー天望デッキ340

 

 

ここは撮影スポットなので混んでます、順番に写真を撮るしかないです。

 

 

 

正直に言ってこのガラスのうえに立った時は背筋がぞくぞくしました。

 

 

 

ちなみにこのガラス床ではオフィシャルの撮影スポットがあり、有料1300円でスタッフが「スカ〜イツリ〜」というなぜか耳に残るフレーズで写真を撮ってくれます。

 

※有料の撮影場所は350にもあります。

 

 

こんなコラボもありました。

 

スカイツリー天望デッキキティ

 

 

スカイツリーの料金は高い?

 

 

スカイツリーの天望デッキまでの料金は当日券は大人2060円、事前予約すると料金が高くなり2570円。

 

 

土日は混雑するため、日時指定は必須でしょうから2570円、大人二人で行けば5000円以上かかります。

 

 

当日券は混雑時には整理券が配られるそうですが、30分刻みの再集合時間が書かれているのですが、再集合してから入場まで平均45分かかるそうなので(公式サイトhttp://www.tokyo-skytree.jp/reservation/ticket_day.htmlより)、整理券をもらってもかなり時間がかかります。

 

 

僕は登った感想としては、大都会東京をいままで見たことのない高さから見下ろす景色は圧巻です(人とか米粒大で全然みえません)し、いまどこ方面の景色をみているのかがパンフのスカイツリーから見た景色再現率が高いので見比べればすぐにわかること、3階層になっているので見て回る場所はそれなりにあることなどから思ったよりも楽しかったので、それなりに満足したので料金が高いとは思いませんでした。

 

 

ただし、これが混雑していて景色を眺めるために窓に近づくことすら困難で景色を見るまでに時間がかかってしまう場合、満足度は相当下がるのではないかと予想します。

 

 

12のブロックに分けられたそれぞれの景色を満遍なく見渡すことが最も重要で、それぞれの窓から見える景色の違いが魅力だと思うからです。

 

 

混雑している土日よりはできれば平日に、しかも晴れていて遠くまで見渡せる澄んだ空のほうが満足度は高いでしょう。

 

 

季節は冬のほうがよいのかもしれません。

 

 

とはいえ、天気は自分が行きたい日に必ずしも良好であるという保障はありません。

 

 

それならばいっそのこと、混雑している昼間よりも比較的空いていると言われる夕方に行くのが個人的にはおすすめ。

 

 

晴れの景色よりも夕方からのんびり過ごして夜景までみるほうが、景色に変化があって楽しめると思います。

 

 

僕は正直景色をしばらく見たあとは、夜景のほうが綺麗で感動するだろうなとおもいましたが、昼間の遠くまで一望できる感覚も味わいたいはずなので、夕方から夜までいればその両方を味わえるのではないでしょうか。

 

 

 

スカイツリーをでたらソラマチへ

 

正直にいってソラマチは観光地なので特別なものがあるわけではありませんが、たくさんの施設がありかなり広いので見て回るのは時間がかかります。

 

 

ソラマチ

 

ソラマチ

 

 

写真はテレビ局とコラボした人気キャラや番組のオリジナルグッズが売っているコーナーで撮ったものですが、僕が行った時はご覧のとおりエグザイルさんがかなり大々的に取り上げられていました。

 

 

ソラマチでの食事は高層階である31.30階にモツ鍋の蟻月や叙々苑など高級レストランがあり、7階には天ぷらや寿司、うなぎなどの和食、6階はラーメンやもんじゃ、とんかつ、回転寿司などのダイニングが入っています。

 

 

 

フードコートは3階、2階には魚屋や肉屋、お惣菜などが売っていて、ここにもテーブルがあるので買ったものをその場で食べることができます。

 

 

お菓子問屋二木の菓子もありました。

 

 

ソラマチをでて浅草へ

 

これまた定番のスポットですが、浅草寺に行って帰りました。

 

 

行きは押上を使いましたが、帰りは「とうきょうスカイツリー駅」が近かったので、こちらからひと駅電車にのって浅草へ。

 

 

浅草までは地上を移動するので、有名なアサヒビールのモニュメントである金のう◯ちを見ながら浅草へ行くことができます。

 

 

 

浅草寺

 

 

浅草寺はもはや、日本人よりも海外からの観光客の方が多くて、平日にもかかわらず人がいっぱい。

 

 

 

浅草寺に行くまでの道からもスカイツリーが見えます。
浅草寺

 

 

浅草寺までの仲見世通りは華麗にスルーしつつ、さくっと参拝してさくっと浅草から電車に乗って地元でラーメンを食べて家に帰りました。

 

 

 

スカイツリー単体だけでなくプラネタリウムや水族館もソラマチに併設されていますし、移動して浅草などに行けることも考えると1日まるまる遊べます。

 

 

 

土日ではある程度行動を決めておいて事前に予約するなどしないと無駄に時間ばかりかかってしまう可能性がありますので、どこに行きたいのか、何をしたいのかは明確にしておいたほうがいいと思います。

 

 

平日組は混雑はあまりないはずなので、当日の気分で行動してOK。

 

 

まあ、なんといってもスカイツリーはついてすぐ、ツリーを見上げるテンション上がりますので登らなくてもましたまで行くのは有りだと思います。

 

 

周辺施設だけでも充分楽しめます。

 


スポンサーリンク