渋滞回避の方法を専門家が教える、
高速道路や一般道、エレベーターの混雑を避けて目的地に早くつく裏ワザとは。

 

渋滞回避

東京大学先端技術開発センターの教授による
解決スイッチ15/8/21で放送された講義内容のまとめ。

 

 

高速道路の渋滞を解決する方法

 

 

そもそも渋滞の原因とは一体何か
それは十分な車間距離が取れていないから。

 

 

 

前の車との距離が近いために前の車がブレーキを踏んだときに
自分もブレーキを踏む、すると後続車も車間が狭いとブレーキを踏む

 

 

 

この連鎖が渋滞。

 

 

 

つまりちょっと車間距離をあけている車がいるだけで
渋滞するきっかけを吸収することにつながる。

 

 

 

 

その適正な車間距離とは40M以上。

 

 

 

観光地やテーマパークで渋滞にはまらない方法

渋滞回避22

 

 

 

例えばディズニーランド。

 

 

 

東京方面からだとナビで推奨されるのは葛西インターで降りるのだが
すいていればディズニーランドの駐車情まで6分だが

 

 

 

 

実はこの道が一番混雑している。

 

 

 

 

ディズニーランドの渋滞を回避する方法は浦安までいく。

 

 

 

渋滞を回避する共通する点は急がばまわれ。

 

 

 

浦安インターまでは葛西から3分、そこからの一般道も混んでいる可能性があるが
葛西から行くよりも早い可能性がある。

 

 

 

実はこのルートは標識にも書かれていて
「葛西渋滞時は浦安出口へ」と高速に標識が出ている。

 

 

 

 

鎌倉の場合は最寄りの朝比奈ではなく逗子
那須の場合は那須ではなく那須高原スマートIC

 

 

 

という具合に次のインターで降りる方法は有効。

 

 

 

とはいえ、すでに何十キロと渋滞しているような状態ではこの方法は
意味がない可能性が高いので

 

 

出かけるまえにNEXCOの「渋滞予測」を必ずチェックしておきましょう。

 

NEXCO東日本 渋滞予測: http://www.e-nexco.co.jp/road_info/
NEXCO 西日本 渋滞予測: http://search.w-nexco.co.jp/forecast/
NEXCO中日本 渋滞予測: http://www.c-nexco.co.jp/jam/

 

 

一般道の渋滞を回避する方法

 

 

 

右折レーンが混雑している交差点の場合
通り過ぎて次の交差点を左折してもう一度左折すれば
曲がりたかった道を直進することができる。

 

 

(千原ジュニアの捨て左折理論ですね)

 

 

 

ポイントは右折レーンの台数、1台につき1.5秒かかるので
右折信号の秒数を把握しておけば曲がれる台数が分かる。

 

 

 

 

 

混雑するエレベーターで早く目的階につく方法

 

渋滞回避23

 

エレベーター(以下EV)が複数台あるような施設の場合
最初に来るEVに乗らず次のEVのほうが早い可能性がある。

 

 

 

最初のEVは1階よりも上の階からもお客が乗ってくる可能性がある。

 

 

 

階数が高ければ高いほうが差がつきやすい。

 

 

 

番組で同じ施設(9階立ての施設)で実験したところ
目的地が3階までの場合は最初のエレベーターが早く

 

 

 

7階以上は後からくるエレベーターが早いことがあるのがわかった。

 


スポンサーリンク