お寿司屋さんでおもに使われる「あがり」とはお茶のことを差していますが、この言葉の語源や由来は一体何なのか気になったので図書館で各種辞典を調べてきました。

 

 

 

言葉の由来は「あがり花(端)」という飲食店や遊郭などで使われていた言葉だそうです。

 

寿司

「お茶を引く」をから産まれた「あがり」

 

 

 

あがりとは、料理屋でいれたばかりのお茶を差す言葉であり、由来は「あがり花」からきているそうです。

 

 

 

 

 

あがり花とは、遊郭などで芸姑さんにお客がつかず暇な状態を「お茶を引く」と読んだことから、お茶を避けお客が着いた状態を差す「あがり(お客が店にあがる)」を好んで使った「あがり花」から産まれた言葉のようです。

 

 

 

 

 

参考文献:日本語源広辞典・日本国語辞典

 

 

 

 

 

この言葉はお店側が演技を担いで使った言葉であり、お客がお店の人にお茶を注文する際に使うべき言葉ではありません。

 

 

 

 

 

変にかっこつけて食事が終わった後に「あがりください」などと言わずに「お茶ください」といったほうがいいということですね。

 

 

 

 

 

おあいそも同様に店側の言葉

 

 

おあいそというのは「愛想が足りなくて申し訳ありません」といいながらお客に勘定を差し出したことから産まれた言葉なので、客が「おあいそ」と言うことはお店の人に「愛想つきたから精算して」と告げているようなニュアンスが生まれてしまうので、お客側が会計時に「おあいそ」と告げるのは止めましょう。