パンプスやフラットシューズ、男性ならスリッポンやスニーカーなどを履くときに便利なフットカバー。

 

 

しかし、これ歩いていると靴の中で脱げてしまうと非常に不快。

 

 

脱げにくいと評判のアイテムとは?そして正しい履き方をマスターするポイントは”かかと”からです。

 

 

 

※出典楽天

 

テレビが放送した脱げないソックスの定義

 

2016年3月20日に放送の「この差って何ですか?」というテレビ番組が脱げやすい靴下の特徴を放送。

 

 

それは、かかとの縫い目が5cm以上あるかどうか。

 

 

かかとの縫い目が長いか短いかによってかかとを覆う範囲が広くなり、結果として脱げない靴下かどうかが決まるとういことらしいです。

 

 

 

実物のカバ−ソックスを手にとる機会があったならば、幾つかの商品のかかとの形状を見比べてみる程度に覚えておけば良いと思います。

 

 

個人的には一番大事なのはカバ−ソックスの正しい履き方。

 

 

これ、多くのヒトが間違えているポイントだと思います。

 

 

カバ−ソックスの正しい履き方

 

1.かかとからソックスを合わせる

 

2.その後、つま先をかぶせるように着用する

 

 

普通の靴下を履くようにつま先からソックスを履いていませんでしたか?

 

 

思い出して欲しいのは脱げない靴下の定義「かかとの縫い目が長い」、理由はかかとを覆う面積が増えるからですよね。

 

 

カバーソックスにもサイズがあるとはいえ足の大きさに合わせて伸ばして履くので、先ずはかかとの位置を決めることによってつま先から履くときよりもかかとを覆う面積を増やすことが大事なんです。

 

 

 

カバーソックスで脱げないと評判のアイテム

 

かかとの縫い目が5cmかどうかは実際に測っていないのでわかりませんが、ネットなどで脱げないと評判のアイテムと、実際に私が使っていて脱げにくいなと感じる商品を紹介します。

 

 

まずば「グンゼ」さんのフットカバー。

 

 

 

 

特にこちらはサイドから見えにくい設計なのでおすすめです。

 

 

かかとにシリコンがついていても脱げるという人はこういう商品をためしてみてはいかがでしょう

 

 

 

 

以下画像はありませんが、ネットでよくお勧めされているのが

 

 

・無印良品のフットカバー

 

・セブン-イレブンで販売されているフットカバー

 

 

 

特にセブン-イレブンのソックスは浅履きで450円という値段とコンビニでも買える書いやすさもあって評判がよいのでお近くにセブンがある方にはお勧めです。