九州地方の紅葉ランキングが発表されました。
紅葉+温泉の組み合わせはやはり根強い人気があり。

 

紅葉+名所の組み合わせが多い九州の紅葉。

雲仙/長崎県雲仙市


 

雲仙の紅葉が評価されたのは雲仙が日本有数の温泉街で雲仙地獄と呼ばれる高温高圧のガスが湧き出る地域や
あることや、標高1333mの妙見岳に登れる雲仙ロープウェイがありパノラマの紅葉が楽しめます。

 

ちなみに、「普賢岳紅葉樹林」として国の天然記念物にも指定され、紅葉植物は120種あるそうです。

 

霧島連山/鹿児島県霧島市



※平成26年10月24日、霧島山えびの高原・硫黄山周辺に火口周辺警報が発表され、各種規制あり
必ず公式ページにて登山ルートなどを確認してください。
http://www.city-kirishima.jp/modules/page059/index.php?id=324

 

秋月城跡周辺/福岡県朝倉市



秋月は「筑前の小京都」。

 

人気の理由はもちろん、西暦1203年に築城された歴史ある城と紅葉のコントラスト。

 

人吉城跡・球磨川周辺/熊本県人吉市



景色と紅葉を見ながらの川下りが人気のスポット。

 

九重連山


 

※登山での見ごろは10月いっぱいだが
三俣山や黒岳を望む長者原付近では11月上旬まで紅葉を楽しめるそうなので
急いで観に行きましょう。

 

ランキングには入っていないけど本耶馬渓も素敵な場所。



紅葉だけでなく、国の重要文化財羅漢寺の五百羅漢にも立ち寄りましょう。


スポンサーリンク