子どもたちよると遊ぶ

 

 

 

子供達は夜と遊ぶ ネタバレなし感想とネタバレありの感想をまとめました。

 

ネタバレあり感想に関しては犯人は誰なのかというミステリーの答えは書いていませんが、僕なりに結論に通じる物語の根幹について書いています。

 

 

明記はしていないもののネタバレあり感想を読むとトリックと言ってよいのかはわかりませんが、ミステリー要素の大半に関しては察しがついてしまうので知りたくない方は閲覧注意です。

子供達は夜と遊ぶ ネタバレなし感想

子どもたちよると遊ぶ

 

 

まず最初に本の感想を簡潔に述べておくと、ミステリーとしての評価はまあまあ。

 

 

殺人の動機、トリックは平凡。

 

 

叙述トリック(いわゆるひっかけ)部分はなんとなく判ってはいるけど「え!!!」となるので面白い。

 

 

この作品はトリックよりも犯人の心の描写をどのように受け止めるのかによって印象が変わる。

 

 

 

 

 

辻村深月さんといえば巧みな女性の心理描写。

 

 

それは今作でも十二分に発揮されていて、学生時代限定なのかはわからないけど女の友情にはこんな一面があるのかもしれないと教えてくれる。

 

 

この作品では回収できなかった伏線を他の本で回収する辻村深月らしいやり方は賛否があるかもしれない。

 

 

「子どもたちは夜と遊ぶ」でいえば「ぼくのメジャースプーン」は子どもたちは〜を読んだあとに読むべきだ。

 

 

 

 

作品同士に関連があり、最初にAを読んでからBを読んだほうがよりBが面白い作品という流れが辻村さんの作品にはいくつかあり、読む順番を強制されるほど拘束力はないが、ある程度決められてしまうのは好みが別れるところだろう。

 

 

もちろん”続きは映画で”というちょっとヒットしたドラマの続編をせこく作ろうとするテレビ番組のような”思惑”を感じるわけではない。

 

 

 

関連があることを知らなくても(前述の例でいえばAを読む前にBを読んでも)その作品を十分に楽しむことができる。

 

 

作品同士に関連があると、読んでいてちょっとうれしい気分に僕はなるので嫌いなやり方ではないが、知らずに適当に読み進めてしまうと損をした気分になるかもしれない。

 

 

人には得をしたときよりも損をしたときのほうが印象が強いので、順番を適当に読んでうまく作品同士を関連付けられなくて損をした人にって辻村作品群がマイナスの評価になることがあるのかもしれない。

 

 

以下の感想にはこの本の結末に関する重大なネタバレが含まれているので、まだ本を読んでいない方はここで離脱することをお勧めします

 

 

 

子供達は夜と遊ぶ ネタバレあり感想

 

子どもたちよると遊ぶ

 

「子どもたちは夜と遊ぶ」というタイトルと上巻のあらすじにある高校3年生が行方不明になったという紹介文。

 

 

木村浅葱だけが知っている真相と次は自分の番、ゲームを始める、孤独の闇、悲劇。

 

 

これらのキーワードから木村浅葱が何らかの事件に巻き込まれる、または事件を起こすことが予想されます。

 

 

ではここから軽くネタバレしていきますので、読みたくない方は注意してくださいね。

 

 

 

 

浅葱は人を殺します。

 

 

目的は彼の双子の兄「藍」と思われる人物「i」に会うためです。

 

 

 

浅葱が犯罪を犯すことは浅葱の視点で描かれ、物語の序盤から彼がこの物語における犯罪者の一人であることがすぐに判明します。

 

 

 

この物語で核となるのは「i」とは本当に浅葱の兄である「藍」なのか?

 

 

なぜ浅葱は藍に会うために人を殺すことも厭わないのか?です

 

 

 

 

浅葱がなぜ人を殺してまで兄に会いたいのかを考えるヒントは小説における最重要ヒントであるタイトルにあります。

 

 

 

以下は物語の重大なネタバレになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本のタイトルは「子どもたちは夜と遊ぶ」ですが、「子ども」と聞いて何歳ぐらいまでを子どもとして思い浮かべますか?

 

 

 

 

僕はギリギリ高校生ぐらいまでかなと思いました。

 

 

 

浅葱は大学院生です。

 

 

ということは少なくとも24歳以上です。

 

 

いくら学生だからといって一般的には24歳を”子ども”とはいいませんよね

 

 

 

しかし、浅葱は”子ども”なんです。

 

 

 

この物語における子どもの定義は明確です。

 

 

子供は自分にとって都合の悪い状況は全て見ない 物事を正面からみることができない

 

 

浅葱は何かを見ないふりをして生きています、何かだけを見て生きています。

 

 

彼は現実の世界を生きていない瞬間が彼の人生に確実に存在する。

 

 

彼の理想とする世界、自分の観たい世界、自分の好きなものだけがある世界を生きています。

 

 

浅葱は少なくとも学校では普通に生活しているように見えることから、いつも理想の世界にいるわけではなく、学生生活も滞りなく送っている。

 

 

浅葱がなぜ学校生活を普通に送ることができるのか、そしてなぜ浅葱は子どもなのか?その理由は浅葱は虐待を受けて育った被虐待児だったから。

 

 

 

虐待、特に両親から愛情をもらえずに育ってしまった子どもは普通とは全く違った世界を生きていることがあるそうです。

 

 

「消えたい」(高橋克己著)という虐待を受けた人の心の治療過程を通じて人の「存在」について書かれた本によると

 

 

人生の幸せは以下の3つが実現することだそうです。

 

 

 

  1. 美味しく食べることができる
  2. ぐっすり眠ることができる
  3. 誰かと気持ちが通じ合うことができる

 

 

これが被虐待者から著者が感じたことです。

 

 

虐待を受けて育った人の中には食べ物の味も感じず、夜も眠れず、人と気持ちが通じ合ったと感じる瞬間すらない人がいます。

 

 

この状態が幼い頃から続き、辛い毎日を過ごすと自分の自我を自分から切り離してしまう。

 

 

まるで第三者のように遠くから自分を見ているような感覚をもつそうです。

 

 

被虐待者にとって自分が本当に存在しているのか実感がもてなくなるそうです。

 

 

 

この本にでてくる被虐待者のエピソードには

 

 

・曜日がわからない
・好きな食べ物がない(味を感じたことがない)
・過去がない(過去の記憶がない)

 

 

など普通の人生を送っている人からは想像もできないような人生を生きています。

 

 

被虐待者の中には結婚して子どもがいる人もいる。

 

 

でも彼らは家族と同じ時間を過ごしているという実感がなく、毎日目の前にある現実を淡々と生きているだけです。

 

 

家族と一緒に過ごしているのに、彼らは誰かと一緒に生活しているという実感がない。

 

 

仕事をしている人もいますが、上司などから言われたことを淡々とこなすことは全く苦ではないが何かを察して率先して仕事をすることができない。

 

 

なぜ彼らは人の感情を読み取れず、一緒に生活しているにも関わらず家族共に生活していると実感できないのか?

 

 

それは自分が存在しているという普通のひとにとっては当たり前に持っている感覚がないから。

 

 

自分の存在を疑っているからです。

 

 

存在を確認するためには他者が必要です。

 

 

「消えたい」によると社会的な存在を確立するためには

 

1.感情の共有
2.規範の共有

 

 

が必要ですがどちらも自分一人で”共有”することはできません。

 

 

感情の共有でいえば、何かを食べて「美味しい」と感じる、何かをみて「美しい」と感じる。

 

 

それぞれに関して誰かに「そうだね美味しいね(美しいね)」と同意してもらうことで安心を得る・

 

 

孤独から逃れる安心が存在の基礎となります。

 

 

その安心を土台にして言葉の意味を理解し共有し規範を理解する。

 

 

規範とは、例えば目の前で暴力を目撃したとします。

 

 

その時に嫌悪感を感じ、暴力は良くないと思ったときに、誰かから「暴力は良くない」と共有し安心を得る。

 

 

この安心の土台となるのは主に母親との関係であり、家族の中で感情を共有し、規範を作り、それを外の世界で問い、社会との接点を作っていく。

 

 

そして思春期・反抗期に家庭や学校などで作ってきた土台を疑い自分を見つめ直す。

 

 

土台は主に母親を中心とした養育者との関係です。

 

 

ここが破綻すると存在の基礎となる感情と規範を他人と共有できず、他者を信頼できないばかりか自身の存在すらも疑ってしまう。

 

 

 

 

自分はここにいるけど、ここにいない。

 

 

自分がいると信じるためには誰かとの繋がりが必要なんです。

 

 

普通に親から愛情を受けて育った人は、誰かとつながっていないなどとは考えもしない。

 

 

自分が存在しているかどうかを疑いもしません。

 

 

しかし、虐待を受けた子ども達は自分が”いる”ということ自体を疑っている。

 

 

その疑問を解消するための方法は色々あるでしょうが、突き詰めていけば誰かとの繋がりを自分から感じとる必要があるのではないかと僕は思います。

 

 

浅葱にもそのチャンスが巡ってきます。

 

 

浅葱が母親に虐待されていたときの唯一の心の拠り所は「藍」という双子の兄です。

 

 

自分よりも頭がよく、弟思いで優しく、母からも愛されていた兄。

 

 

彼とだけは気持ちが通じ合っていたが、今は遠く離れ離れになっている兄。

 

 

兄と会えなければ浅葱は自分の存在を確信できない。

 

 

その藍と思われる人物から「会いたければゲームをクリアしろ」と言われる。

 

 

 

そのゲームとは人を殺すこと。

 

 

 

浅葱は藍に会うために殺人を犯す。

 

 

浅葱がどのような人生を生きてきたのかは物語において詳細に語られ、それはとても悲惨な人生です。

 

 

そこから彼は逃げ出し自由になるためにたくさんの努力をします。

 

 

そうして得た自由の1つが自分一人の力で入学した大学生活によって得た自活です。

 

 

しかしそれも思っているほど自由ではなかった。

 

 

兄の存在がなければ彼は誰とも繋がれないことが判ってしまったから。

 

 

誰とも繋がれない浅葱は、自分自身で勝手につくりあげた「木村浅葱」を演じてるだけ。

 

 

 

 

彼の周囲にいる人達は彼との繋がりを持とうとして色々働きかける。

 

 

 

感情や規範を浅葱と共有しようとしますが、人生において「藍」としか感情や規範を共有したことのない浅葱は他人を信頼することができない。

 

 

 

でも数年の自活生活で他人と繋がりたいという欲求が芽生えてきていることにも気がついている。

 

 

 

彼が初めて触れる藍以外の人の優しさは心地よくもあるが、彼を苦しめる。

 

 

彼の欲しい「藍」と会うためには、浅葱は他人とのつながりを拒絶しなければならない。

 

 

 

一度も経験したことのない世界を信じることがいかに難しいのかを僕たちはこの小説を読んで改めて知る。

 

 

利己的な理由で人を殺す浅葱の行為はもちろん許されるべきではない。

 

 

だが、虐待を受け普通の人とは異なる世界で生き続けた人はこんなにも心の中で苦しんでいる。

 

 

それを知った時浅葱を暗く深い闇から救い出す方法はないのか?

 

 

それがこの小説では描かれていると僕は感じました。

 

 

相当なネタバレが含まれているので、感が良い人は浅葱がどのような状態にあるのか「i」の正体は誰なのかは小説を読めばすぐに気が付くとおもいます。

 

 

ですが、僕の見解では誰が「i」なのかというミステリー的な要素よりも、浅葱という人物の闇、そこから抜け出そうとする葛藤、周囲の人間がその闇を知ったときにどのような行動を取るのかが「子どもたちは夜と遊ぶ」の魅力だと思ったのでネタバレありで感想を書きました。

 

 

文庫本で上下巻と長いですが、一気読みできるエンタメとして面白い作品でありながらも、哲学的に考えさせられる作品でもあると思います。

 


スポンサーリンク