脳を活性化させる方法はいわゆる「脳トレ」だけではありません。
普段の食事から意識する必要があるようです。

脳を活性化させる食べ物という表現よりは
脳の活動に必要な食べ物と言ったほうがイメージがしやすいかもしれません。

 

 

まずおすすめの食材はベリー類です。
特にブルーベリーで記憶力の改善に優れているそうです。
ブルーベリー以外に脳に効果的なベリー類は以下の8つです。

 

・ブドウ
・いちご
・ラズベリー
・クランベリー
・クコの実
・ブラックベリー
・クワ
・ボイセンベリー

 


1日数粒のベリー摂取が精神機能低下などの年齢を重ねることによる
疾患の予防に役立つとする研究が、
米専門誌「Journal of Agricultural and Food Chemistry(農業・食品化学ジャーナル)」に掲載。

 

サーモンは記憶力や脳の発達を促す

 

天然のサーモンは、記憶力を高め、脳の働きを高めてくれることがわかっていて
すべのて年代におすすめの食材です。

 

ポイントは養殖よりも天然のほうが効果が高いこと。

 

 

サーモンやサバなどの脂肪のDHAには
どのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれ

 

不飽和脂肪酸ですのである悪玉コレステロールを減らし
善玉コレステロールを増やして動脈硬化を防いでくれます。

 

 

サーモンといえばこの料理が有名ですね。

 

ムニエルのメリット

  • 衣が薄くフライよりもカロリーが抑えられる
  • 生のサケから作るので、塩分が抑えられる

 

 

随時追加していきます。


スポンサーリンク