本日一笑ったネタを紹介します。「恋愛呼吸」という本で紹介されている丹田に意識を集中するという至極まっとうな方法ですが、声に出す言葉がストレートすぎてネタ扱いに。

 

 

実際にやると分かる破壊力。

 

 


恋愛呼吸にハマるヒト多数出現

 

アマゾンでも売られているれっきとした本である「恋愛呼吸」ですので内容は埋め込んだツイートを見てもらうしかありませんが

 

 

ポイントは

 

・ごぶさたガールの破壊力
・「男がほしい」と息をはきながら声にだす
・「男ができたー」と息を吸いながら声に出す

 

 

 

実際に自分でもやってみましたが難しい・・・。

 

 

 

絶対にこうなります。

 

 


 

 

 

togetterにまとめられているのですが、恋愛呼吸に関する反応は

 

 

・クソワロタ
・声に出すことは間違っていない

 

 

という正反対な意見があるのが面白いですね。

 

 

 

 

 

Amazon書評もぶっ飛んでいる

酸素取り込み

 

書評を見てみると、ご無沙汰だった恋愛に兆しが見えて来た、実際に彼氏ができたというレビューがあり、胡散臭さ満点で、これさえ読めば”ハピハピ”状態とも取れなくはないです。

 

 

 

しかし、個人的には本当にレビュアーが呼吸法を実践したら、こういう感想になるだろうなと感じます。

 

 

恋愛ができるようになるのかは別として、呼吸法を実践して気分が変わって前向きになるということは充分有り得るだろうなと思います。

 

 

 

例えば、口呼吸だったヒトが鼻呼吸に変われば、それはとても大きな変化です。

 

 

この本に書かれている呼吸法自体はとても大事なのは、我々現代人は基本的に酸素を取り込む量が少ないからです。

 

 

酸素をしっかりと吸えない事による弊害は

 

 

かぜ・インフルエンザ・疲れがぬけない・肩こり・痩せにくくなる

 

 

といった影響を身体に与えることがわかっています。

 

 

ATPというエネルギーの元になる物質は栄養をエネルギーに変換しますが、酸素がないと変換ができません。

 

 

多量の酸素を取り込むことはエネルギーの元なんです。

 

 

「男欲しい」「男できた〜」はあくまで比喩であり、ゆっくり酸素を吸うための一つの方法なだけ。

 

 

ネタと捉えずに実践する価値はあると思いますよ。

 

 


スポンサーリンク