木下優樹菜がユーキャンで歯科助手の資格に合格したCMを見て続きをU-キャンのサイトで確認。

 

わざわざユーキャンのサイトを見るのが面倒な人のためになぜ合格できたのかをまとめました。

 

まずはじめに言っておくとこの企画は本当にちゃんと試験を受けて合格しています。
取得した資格は歯科助手

 

 

歯科助手に国家資格はありませんが、民間の団体が認定する資格で
歯科助手の仕事に就くのに資格取得は必須ではありません。

 

 

歯科助手の場合,資格があれば就職に有利なのは言うまでもありません。
歯科医や歯科衛生士のサポートを行うなど、
より専門的な知識が必要な仕事を行うことができるからです。

 

 

歯科助手 資格の難易度

ユーキャンの場合1日45〜60分の勉強時間で5ヶ月のスケジュール
合格率は50%ですので比較的取りやすい資格といえるでしょう。

 

この試験の最大の特徴は

  • テキストの持ち込みが可能な点と
  • ユーキャンの受講生は自宅で試験を受けることができること

 

 

なぜ、テキストが持ち込み可能かというと
歯科助手の主な仕事であるレセプト作成(診療報酬請求業務)は、資料を見ながらこなすものだから。
つまりテストが簡単というわけではなく、実際の仕事を想定した資格試験というわけです。

 

 

以上の前提を踏まえてなぜお馬鹿キャラが売りだった木下優樹菜が合格できたのかというと
それは3つのポイントがあります

 

資格試験で最重要なスケジュール管理をユーキャンがしてくれたから

 

実際にユーキャンの教材を見た感想を教えてくださいという質問に木下優樹菜がこう答えています

 

教材が意外と少なくて、安心しました。これだったら優樹菜でも続けられるかも。
あと、優樹菜個人の学習スケジュールをユーキャンの人が作ってくれるって、超すごくない

 

資格の試験とは毎日の積み重ねができるかどうかにかかっています。
とはいえ学習者それぞれに事情がことなります。

 

例えば、子育てとか、仕事、介護などです。

 

 

そんな学習者の事情に合わせて合格までのスケジュールをユーキャンが立ててくれます。

 

携帯でわからないところを質問できる

学習に慣れていない人は一度勉強に躓くとそこがわかるまで次にすすめません。
結果としてそこで学習がストップして毎日のスケジュールをこなすことができず脱落します。

 

木下優樹菜はどうしていたのかというと

でもテキスト読んでると、わかんないところとか出てくるんですよね。
びっくりするくらい結構しょっちゅう(笑)

 

でもそこで止まっちゃってたらヤバいですよねー。マジわかんなくなっちゃうから。
だから、ケータイで質問できるヤツ、使ってます。

 

「学びオンラインプラス」というユーキャンのサービスを利用してサポートを受けています。

 

添削課題で自分の弱点を知る

資格試験の合格には過去問を解くことが必須ですがそれに近いのがこの添削課題です。

 

木下優樹菜も添削を提出して自分の苦手な分野がどこかを把握しながら進めていたそうです。

 

合格発表の模様はこちら

 

 

 

木下優樹菜の合格までのスケジュールですが10月から始めて
今年の7月までかかっていますので通常の倍のスケジュールを組んでいるのが
個人的にはミソかなとおもいます。

 


スポンサーリンク