米倉涼子を始めとした芸能人が数多く実践する白湯ダイエット。

 

 

ただお湯を飲めばいいのではなく、守るべきポイントがあります。

 

 

白湯は飲む時間や温度によって効果が異なり、様々な症状に対応させることができるようです。

 

白湯ダイエットの基本的なやり方
1.お湯を沸かす
2.沸騰したら蓋を開け10分沸かし続ける
3.50度に冷まして飲む

 

 

これだけですが、普通は沸騰したらすぐにガスを止めますが、沸かし続ける理由は諸説あります。

 

 

沸騰しても10分以上沸かし続けるのは湯の沸かし方やヤカンの素材によっては水の状態より塩素濃度が上がる可能性があるからです。

 

 

蓋(ふた)を開けたまま沸かしますと塩素は抜けるのですがヤカンの素材によって抜けるまでの時間が変わるので、目安として10分以上沸かし続けるのがいいようです。

 

 

また蓋を開けて、沸騰させつづけることで味も劇的にかわりますので白湯だけでなく、このお湯でお茶なども作ってみてください。

 

 

肝心のポイントですが、これはアーユルヴェーダの方法です。

 

 

アーユルヴェーダーにおいてはどこの水を使い、沸かす時間、飲み方などがすべて古典所に記されているそうです。

 

 

古典書に従った作り方を日本で忠実に再現すると白湯の作り方は

 

 

  1. 水150〜250mlを鍋にいれて蓋をせずに沸騰させる
  2. 65度以上、息をふきかけてちょうど飲めるぐらいで飲む

 

 

よる寝る直前にあつあつの白湯をすすりながら飲むと食欲不振解消に繋がる。

 

 

 

ポイントは2番の熱い状態で飲むという点ですが、白湯だからと言って必ずしもすべての人が温かいまま飲めばよいとは限らないという点に注意してください。

 

 

更年期の女性は体内に熱がこもっている状態なので、常温に冷まして飲むほうが効果がある年代の人もいます。

 

 

その場合は白湯とは少し作り方が違います。

 

 

湯冷ましの作り方

 

  1. 水800mlを鍋に入れてふたをせずに沸騰させて10分沸かし続ける 
  2. 火を止めて常温まで冷ます
  3. 冷めると600mlになる

 

 

この水を1日かけてゆっくりと飲みましょう

 

眼精疲労やイライラにも効果あり※1にちかけて飲む

 

 

 

白湯ダイエットの効果に関する口コミ、感想

まず、感想や口コミを紹介するまえに白湯ダイエットをするうえで一番大切なことがあります。

 

 

それは、『体を内側から温める』ということが大切なのであって白湯に意味があるわけではありません。

 

 

日頃から冷たい物をさけ、暖かいもの、徐温の飲み物や食べ物を摂取することを心がけましょう。

 

 

 

白湯ダイエット、実践者の感想によると多くの人が実感するのが

 

  1. 便通がよくなること、
  2. 寝る前に飲んでも浮腫まない
  3. 冷え性には効果あり

 

ということでありダイエットの効果(体重が減る)などは個人差が大きいかなと思います。

 

 

 

健康の基本は便秘状態から脱することであるわけですので冷え性の解消は大きな効果です。

 

 

 

ダイエット目的であれば白湯+食生活のコントロールは必須ですので、白湯を飲んだからといってたくさん食べ続ければ当然カロリーバランスが崩れて太ります。

 

 

米倉涼子さんはダイエット目的というよりは、体調のコントロールのために白湯を飲んでいると思われます。

 

 

ダイエット目的で理想の体型を目指したひとは運動+食事コントロールに白湯で体調をキープという使い方がベストだといえます。。

 


スポンサーリンク