小倉優子が出産のため13キロ増えた体重を11kgも減らしたのは
あのカリスマのアドバイスがあるという。そのメソッドとは

 

 

あるイベントに登場した小倉優子が出産から150日で
13kgも妊娠で増えてしまった体重を11キロダイエットに成功したことを公表。

 

 

その気になるダイエット法は

 

 

グリーンスムージーをかかさず飲むこと」。

 

 

小倉優子のダイエット法グリーンスムージーとは

 

簡単に言ってしまえば生の野菜(特に葉物)をフルーツとミキサーで混ぜたものだ。
多くの芸能人が利用してると言われてるファストダイエット(簡易的な断食)でも
スムージをファストドリンクとして多用しているがその場合は酵素を上手く利用しているのが
芸能人のファストダイエットの特徴だが

 

 

小倉優子の場合は

 

「実は、小倉さんは21歳から料理教室に通っていて、食材や料理についての知識は相当なものなんです。出産後直後から自分で考案したグリーンスムージーを飲むことを心がけているそうで、飽きないようにバリエーションを変えています。ブログに紹介しただけでも21種類はあるほど。ある日は小松菜にバナナ、イチゴ、キウイ。翌日はサラダ用ほうれん草にバナナ、イチゴ、リンゴなど、しっかり工夫されているんですよ」(ファッション関係者)

 

 

小倉優子をサポートする食のカリスマはあの大食漢

 

親友のギャル曽根が小倉優子の産後ダイエットには大きく貢献しているようだ。

 

「ギャル曽根ちゃんは、調理師免許のほかに野菜ソムリエ、食育アドバイザーの資格を持っていますし、“たくさん食べても低カロリー”な料理を考案し、夫を10キロ以上ダイエットさせた実績もあります。ダイエット本も飛ぶように売れるなど、小倉さんにとって心強い存在です。今回、小倉さんは、ギャル曽根さんからスタイル維持に最適な“ギャル曽根流ダイエットメソッド”を伝授してもらったみたいです」(前出・ファッション関係者)

 

 

小倉優子がブログで紹介していたスムージーのレシピ

 

 

バナナ・イチゴ・キウイ・小松菜のグリーンスムージー

 

バナナ 一本
イチゴ 一パック
キウイ 二個
小松菜 一袋※ほうれん草など他の葉物でもOK
水 200cc

 

バナナ・アボカド・りんご・小松菜のグリーンスムージー

 

バナナ 一本
アボカド 半分
りんご 一個
小松菜 一袋
水 500cc

 

バナナ・グレープフルーツ・イチゴ・ほうれん草のグリーンスムージー

 

バナナ 1本
グレープフルーツ 1個
冷凍イチゴ 15個
サラダ用ほうれん草 1束
水 300cc

 

 

さらにポイントがある

 

・空腹時にスムージーを飲んで、前後一時間は食事をしない
・ほうれん草や小松菜は茹でないでそのまま
・朝食はグリーンスムージーだけ

 

 

ちなみに、ミキサー・ブレンダーとしては「バイタミックス」を使用しているそうです。

 

バイタミックスとは

 

この朝食をスムージーにだけ変えるというのは簡易ファストダイエットとして注目されている。
もっと効率的に行いたければ市販の酵素を一緒に摂取することで
さらにダイエットというより体調管理がしやすくなるというのは
多くの芸能人が推薦ダイエットとして実証していますね。

 


スポンサーリンク