1910年代から2010年代にかけてのかっこいいアメリカ人男性がどのように移り変わったのが分かるムービー。

 

 

人類学者の研究の一環のようですが、2010年のイケメンが意外だったんですけど・・・。

 

イケメン

登場しますが動画には、モデルの男性が各年代ごとに登場しますがその間にスタイリストと思われる方々が髪やひげをセットする姿が超早送りで映ります。

 

ざっと各年代の特徴をあげると

 

1910:とにかくきっちりと
1920:大恐慌時代なので自分でひげを剃るように
1930:よりナチュラルなセットに
1940:終戦という世界史における一大イベントの状況を意識したスタイリング
1950:いわゆるエルビス時代です
1960:ビートルズですね
1970:ヒッピーです
1980:ウォール街に代表されるビジネス全盛期です
1990:カート・コバーンです
2000:男性も美意識を持つ時代に
2010:??

 

 

さて2010年を?にしたのは現代において本当にこの髪型が流行っているのか?という認識がわたしにあったからなのですが
やはり思い浮かべるのはベッカムのようなサイドとバックを短くしトップを長めにとるとこでつくるツーブロック+.リーゼントのようなスタイルです。

 

 

ジャスティン・ビーバーとか少し前のネイマールやメッシなんかもこのスタイルですね。
イケメン
※こんな感じの髪形です。

 

 

日本のタレントだと伊勢谷友介さんがすぐにおもいつきましたが、実はこの髪型問題があったようでその反発から違う髪形が流行しているようです。

 

 

それがセットが面倒くさい、トップが長いのでセットしないと悲惨な髪形になることだったようで、その反発からかただ結ぶだけのお団子ヘア「MAN BUN  マンバン」が生まれました。

 

 

このマンバンスタイルが100年イケメン歴史ムービーの2010年代に選ばれています。

 

この動画のようなスタイルもマンバンというようなので、このスタイルの人はよくみかけるようなきがしますが、

 

この髪型は実は以前から存在していて、先日も「ザ・ロック」という1990年代中盤のアクション映画を見ていたのですが、まさにこの髪形の悪役が登場しました。

 

自分の勝手なイメージではラテン系のギャングや悪役が良くしている髪形というイメージがあります。

 

 

イケメン1

 

さて話は100年動画に戻しますと、実はあの動画の髪の毛とひげはすべてモデルの自前です。

 

 

付け髭やウィックは一切使っていないので、最初に登場した原人のような長髪とひげぼうぼうな姿から長髪でヒゲがあるスタイルへと進み、徐々に髪を短くするスタイルの撮影をしなければいけないので時系列順に撮影をしたわけではないので、各年代ごとの早送り画像と髪形・ヒゲが一致しない状況が生まれてしまうようです。

 

 

アメリカ男性の流行なので、日本人の美男子のイメージとはまったくことなりますが、戦争の終了にともない人々の意識がどんどん変わっていき1950年代からイメージの中心は文化が中心になったことがわかって面白いですね。

 


スポンサーリンク