月9の「PRICELESS」あるわけねlだろ 主演木村拓哉の初回を見た
感想,評判をまとめました。

 

 

気になる視聴率はやや苦戦も2回目に期待か。

 

 

 

 

ドラマを見る前の個人的な注目点

※完全な前置きでしかも長いので興味がない人は飛ばしてドラマの感想・評判へどうぞ

 

 

今回のドラマをみるにあたって個人的に注目していたのは
このドラマがコメディと言いつつも恋愛の要素があるのかどうか。

 

 

というのも月9で木村拓哉といえば月の恋人が不評で
20代や30代前半のアイドルとしての木村拓哉の恋愛ドラマは若者を中心にヒットしたが
年を重ねて役者としての評価を確立するドラマでは失敗した印象だったからです。

 

 

前回の月9のリッチマン・プアウーマンでは月9というかドラマの基本である
ベタな恋愛もので全員が最後は幸せになるという結末もありましたが
それぞれのキャラがしっかりといまいる世界から新しい世界へ変化するという
ドラマの基本であるストーリーが構築されていて共感しやすいドラマでした。

 

 

その後に放送されているコメディとしてのタッチであるPRICELESSが
上手くストーリを構成して共感のできるポイントをつくることが出来るのか、
ただキムタクがかっこいいだけのドラマにならないかに注目していました。

 

 

簡単に共感するポイントが作りやすいのが恋愛なのですが
中年にさしかかったキムタクがキムタクではなく木村拓哉として大人の魅力を
感じさせることができるのかに個人的には興味があったのです。

 

 

「PRICELESS」初回感想・評判まとめ

一言でいえば次回以降に期待のできる内容。
キムタクがホームレスになるのはドラマが始まる前から分かっているので
ドラマ自体はまだほとんどストーリーとしては動いていない。

 

 

木村拓哉が貧乏になってからどういう世界に行くのかで主人公である
金田一のストーリーが始まる。

 

 

たとえば以前放送した「お金がない」のようにちょっとした悪知恵と強運で運命を切り開くのか
まともな仕事は藤木に邪魔されて出来ない設定みたいなので
番宣の通り幼い兄妹をメンター(師匠)としてサバイバル系の生き方をするのかなど

 

 

2話目以降の木村拓哉がどうやって自分の無実を「証明」しつつも新しい世界を切り開くかが
このドラマのストーリーの肝なのでまだドラマとしては評価できませんね。

 

 

とはいえ評判も大概が良かったと評価していて、個人的にも面白かったです。

 

 

率直に言って次回も見て損は無い内容だし、初回を見逃したとしても
まだドラマが全然動きだしていないので2話から見始めても問題ないです。

 

 

ネットでは失業保険があるだろって話になってますが、それは実際に支給されるのは30日後なので
少なくとも現実世界でも30日は無一文なのは確定なのでドラマの設定に嘘はないです。
そういう細かいこと気にしたらドラマは楽しめないですけどね^^。

 

 

「PRICELESS」の初回視聴率は振るわずだが、同情の余地あり

平均視聴率は16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。木村さんの主演ドラマの初回視聴率が20%を下回るのは極めて異例。裏では午後7時から同9時29分まで日本テレビ系でプロ野球・巨人が中日を降して日本シリーズ進出を決めたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ最終戦が中継され、平均視聴率20.1%(同)、瞬間最高視聴率は30.6%(同)を午後9時18分に記録しており、これが影響したとみられる。YAHOOより抜粋

 

 

とういわけで昨日は野球が異常に盛り上がっていたので苦戦は必至でしたね。
共演者、特に藤木や升毅、夏木まりといったところの脇役もいい味を出していますし
好意的に受け入れられていますが藤ヶ谷太輔の役どころがイマイチで

 

 

なぜ彼が出演しているのかに疑問を感じる人も多いようです。

 

 

また3話でAKBの小嶋陽菜が出演するのにも懐疑的な目がむけられ
起爆剤となるか博打的な要素がただよっているのもやや不安です。

 

 

一般人の家を爆破するというのもすごい設定ですが恋愛の要素はあまり感じられなかった。
香里奈がヒロインですがちょっと歳の差があって恋愛という感じではないし
キムタクが貧乏からヒーローになるだけのドラマにならないことを期待します。

 


スポンサーリンク