救命病棟第5シリーズ初回の視聴率と感想をまとめました。

 

江口洋介のでない救命病棟にはやはり視聴後には残念感がつよいようです。

 

 

救命病棟第5シリーズ初回の視聴率は17.7と好スタートだが・・・

女優の松嶋菜々子さんらが出演する連続ドラマ「救命病棟24時」第5シリーズの初回が9日、フジテレビ系で放送され、
平均視聴率は17.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、今期の連続ドラマでは「半沢直樹」(TBS系)の
初回19.4%につづく、2番目の高視聴率を獲得した。

 

 

視聴率は現在のドラマ事情を鑑みると好スタートといえるでしょう。

 

 

ただ、今回の救命病棟には放送前から話題になっていることがあったのですがそれは、
今まで主演してきた江口洋介が出演しない

 

 

感想でも最も多い意見は
名前も変えて、違うドラマにした方がよかった。

 

 

この背景には進藤先生(江口洋介が演じる寡黙なスーパードクター)がいない違和感が
どうにも受け入れられないからのようです。

 

 

救命病棟特有のドキドキハラハラ感、事故や大怪我など救命救急ならではの
スリリングさが感じられず、さっそく医者どうしが対立する構造にもう飽きたという意見も

 

 

松嶋菜々子、時任三郎、佐々木蔵之介以外のキャストがぱっとしないという意見も多く
特にアンジャッシュの小嶋はミスキャストではという批判が多いですね。

 

 

救命病棟は第4シリーズまではすべて視聴率は20%超え

この事実からだけでも相当なファンがいることがあきらかですよね。
視聴率が初回の割りには17%と救命病棟としては低い数字に終わったのは
江口洋介が出演しないことで今回のシリーズがスピンオフ作品のような印象を与えてしまったことが原因では。

 

 

振り返ってみると救命病棟は人気作なんですが、受難のドラマでもあるんです。

 

 

救命病棟のシリーズ別受難の数々まとめ

第一シリーズ…海外ドラマからの盗作疑惑の回や倫理的に問題シーンやセリフのためDVD化できず
第二シリーズ…松嶋菜々子が降板(スケジュールの都合)
第三シリーズ…東京で震災が起きたという設定により、震災以降は再放送できず。
第四シリーズ…江口洋介がバイク事故で負傷。12話が7話に短縮。中途半端な内容に
第五シリーズ…江口洋介が出演を直前でキャンセル。キャストも総入れ替え

 

 

人気作なのに松雪泰子が出演していた第二シリーズぐらいしか再放送できない不幸なシリーズ。

 

 

今回の第5も江口不在でもはや別のドラマといった体裁です。

 

 

結論:シリーズだけど別のドラマだと思って見ることができるかどうか

 

 

マンションの飼い犬に子供が噛まれる事件が発生したら神ドラマになるのは間違いないですけどね。

 


スポンサーリンク