石原さとみと山下智久の新月9ドラマ5→9私に恋したお坊さん〜は花より男子に似ているという評価があるが、ドラマ感想と賛否別れる評価について。

 

 

原作と異なる設定がどう影響するのか?今後の注目てする点はこれ。

 

石原さとみ

私に恋したお坊さん あらすじと原作と異なる設定

 

 

ドラマのあらすじは主人公が葬式で出会ったお坊さんに足がしびれて焼香台の灰をぶちまけるも、どうやらその時に坊さんが一目惚れ。

 

家族に騙されて見合いをしたら即結婚を申し込まれたという流れですが。

 

 

原作の漫画は、『5時から9時まで』のあらすじは

 

 

夢は海外移住、海外赴任の商社マンと結婚!の英会話講師・桜庭潤子が突如モテ期になるものの、お見合い相手のお坊さんと出会ったが上から目線の坊さんを毛嫌いしていたはずなにの一夜をともにしてしまい、マンションが建て替えがきっかけで坊さんの寺に下宿することになるというストーリー。

 

 

原作とドラマで異なる設定とどうもコントのように軽薄にも見えた初回の流れをどうやってキュンキュンしつつほろ苦い展開にもっていくのかが注目。

 

初回放送後、花男に似ているという意見

石原さとみ2

 

月9ドラマが花男みたいという意見がでた理由は舞台となる英会話教室に集まるメンバー(特に男性が)が高スペックであること、主人公のお坊さんが東大卒のプライベートジェットをもつようなお寺の時期住職候補であること、主人公の女性が庶民であることといった設定が似ていることに加えて

 

 

寺の実権を握る山下の祖母役・星川ひばり役で、加賀まりこが登場したことが大きいようです。

 

 

加賀まりこといえば花より男子でいえば、道明寺司の母親役で牧野つくしと司の恋を徹底的に邪魔をする冷酷な母親役を演じたため、ちょっと似ている設定に花男を想起してしまった視聴者もいたようです。

 

 

個人的には花より男子という感じはまったくなく、どちらかというと「リッチマン、プアウーマン」の石原さとみのまんまな演技が気になりました。

 

9時から5時までの評価と今後に期待する点

 

以下の記事内容には多少のネタバレが多少含まれているので閲覧注意

 

 

漫画のキャッチコピーは
英会話教室を舞台に、個性豊かな7人の男女が繰り広げる
東京版 SATC(海外ドラマでサラ・ジェシカ・パーカーが主演したあれです)

 

 

と言われているが、その理由は原作の潤子(石原さとみ)はちょっと脇が甘いけどいやらしくはないキャラでピュアと奔放さが程よく混ざっていることに加えて、同僚である百恵(高梨臨)はボーイズラブ好きで恋愛経験がないオタク、まさこ(紗栄子)は恋のためなら手段を選ばず良いと思った相手とは一夜を共にすることも厭わないという設定が

 

 

まさにSATCでいうところのキャリー、シャーロット、サマンサにそっくりですよね。

 

 

個人的には恋のためならなんでもやるという設定がとてもとても紗栄子に似合っていると思うので久しぶりにドラマに復帰した紗栄子に期待。

 



※公式ツイッターより

 

今後は主人公の周囲の個性的な登場人物達を魅力的に描くことができるのかが、ドラマの成功を握っているようなきがします。

 

 

ちなみに、初回の評価はヤフートップニュースにもなった記事は初回視聴率が視聴率12・6%で発進し花男に似ていると大反響という記事。

 

対してサイゾーさんに掲載されたドラマ表はラブコメというよりもドリフ、コミカルというよりは“軽薄”、制作陣の本気が感じられないと酷評。

 

 

賛否両論でているのですが、個人的には確かに軽薄な印象を持ちました。

 

 

というのも石原さとみ演じる潤子以外のキャストの人物像が山下智久演じるお坊さんも含めて、まったく描かれておらず、どんなドラマに展開するのかよくわからないからです。

 

 

なので東京版SATCという印象はまったくなく、なぜお坊さんが潤子を好きになったのかもよく分からず(強いていえば食べっぷりがよいから?)、なぜストーカーのように潤子につきまとっているのか謎。

 

 

ただし、石原さとみが働く英会話教室で出会うすべての登場人物に何らかの秘密がありそうな展開(すいません、そのうちの1つである百恵がBL好きオタクといのはネタバレです)なので、次回放送への興味をつなげることはできていると思いますが、さすがに潤子を拉致して監禁して終わりという流れはよろしくないかな〜。

 

 

月9らしくない、ややコミカルなラブストリーですが、その軽さに慣れると「ありえね〜」と思いつつも、怖いもの見たさというか、神の視点というか、仏のような慈悲の気持ちというか、なんともいえない不思議な気持ちで見れるようになるドラマでした。

 


スポンサーリンク