レアル・マドリード所属のチェリシェフが出場停止中なのに出場してしまった問題でコパ敗退決定か?同様の行為でオサスナは敗退している。

 

しかも、対戦相手のカディスはサポも含め試合中に出場停止のことを知っていた。

 

レアル・マドリード

個人的には大問題だと思っている、今回の出場停止問題。

 

理由はマドリーの言い分が「FAXが届いていない」「知らなかった」という謎の言い訳だからです。

 

ネットでは本物だと思うんですが、チェリシェフが出場停止であることを明記したFAXの書状を親切にもつけて当日のカディスのスタジアムの要素をアップした動画を発見。

 

 

 

 

この文章が本物かどうかはかなり疑わしいですが、当日のカディスのスタジアムでチェリシェフの名前が連呼されていることだけは確かです。

 

※Goal.comによるとスペインメディアは7月27日付でRFEF(スペインサッカー協会)から各クラブに送信されたというファックスの写しを掲載しているそうですので、マドリーの知らんかったは通じないかも。

 

アウェイチームのサポーターが相手チームの選手の名前を歌にする場合はメッシやロナウドのようなスーパースターを揶揄することはあっても、得点をきめたとはいえチェリシェフのような控え選手が出番をもらった試合で名前を叫ぶのは考えづらく、動画のタイトルからも「ありがとうチェリシェフ」「チェリシェフは出場資格がない」と歌っているようなので、サポーターやカディスはこの問題を試合中には把握していたようですね。

 

 

事前にマドリードに忠告したが無視された・・・

 

2日、スペイン紙『アス』が伝えた。

 

 同紙によれば、元レフェリーのエミリオ・ロサネス・ゴンサレス氏は試合前にこの事態を察知。即刻マドリーに連絡したものの、返答はなかったという。

 

スペインメディア『カナル・プルス』によれば、同試合でベンチ入りしていたFWボルハ・マジョラルについても同様の疑いがある

 

http://www.footballchannel.jp/2015/12/03/post124085/

 

ちなみにこの元主審もFAXでマドリーに詳細を送ったそうですが、返答はなかった。

 

 

ネットに乗っていたこれまでの経緯をみてみると

 

 

1.出場停止者一覧を協会が各クラブにFAXで送る
2送られた文書をカディスは確認している。
3.マドリーのFAXには協会からの文章は届いていないと主張。
4.カディスのスタッフは、試合当日の朝、協会に出場停止再確認。
5.試合中にカディススタッフチェリシェフの問題をツイート

 

※5.はカディスサッカーチームのオフィシャルツイートではないため、スタッフが個人的に送ったと思われる(当方では確認できませんでした)

 

試合を迎えるという状況らしいのですが、スペイン協会が送ったFAXの履歴を公表するば100%問題はマドリー側にあることになるのですが、その公表はないでしょう。

 

 

マドリーは公式に見解を発表しているが・・・

「クラブは出場停止について知らされていなかった。RFEFからもビジャレアルからも、我々は何も知らせを受け取っていない。選手も状況を知らなかった」

 

「誰かを責めているということではない。待って、様子を見る。RFEFの規律規則第41条では、関係者が直接知らされておらず、選手も知らされていなかった場合、可能性のある処分は実行されないということになっている。だからチェリシェフはプレーした」
http://www.goal.com/

 

この言い分が仮に通ってしまうのであれば、問題はなぜマドリーは自分たちから問い合わせをしないのでしょうか?
関係者が直接知らされておらず、選手も知らされていなかったら確実に出場停止になっているけど協会が忘れてるっぽいから試合だしちゃおうぜ!ってことですか?

 

 

普通に考えればいつも届くはずの出場停止処分に関する協会からの連絡がなければ、自分たちから確認するのではないでしょうか?

 

 

協会からも元の所属チームなどからも知らされていないってどうやって証明するんでしょうか?

 

 

こんな言い分が通ったら、移籍の際に出場停止処分を伝えるチームなんて皆無になりますよ、その選手の処分が消滅する可能性がでてくるわけですから。

 

 

規則第76条によると、いかなるチームも出場資格のない選手を大会に出場させた場合、失格となる【Sport】

 

 

この規則をRFEFの規律規則第41条がどう解釈するのかという法的な問題になっている感がありますが、マドリーが出場資格はないはずの選手を出場させたという事実はかわらないので、それそれ政治的な臭いのしない処分が下ってもよいのではないでしょうか?

 

 

8月にGKのデヘア獲得ができなかった際にもマドリーのFAXが故障していた云々の話がでましたが、修理しなかったんでしょうかね。

 

 

とにかく個人的には世紀の大失態であると思われますし、オサスナ同様の処分で失格になるべきだとは思いますが

 

 

まあ、失格にはならずになんとな〜くぬるい処分が下るでしょう。


スポンサーリンク