ブーツやタイツ、厚手のストッキングなど蒸れる素材を履く機会が多い女性の足は臭いを発してしまうこともあります。

 

 

汗をかきやすい足のケアで重要な点やお風呂で重点的に洗うべき場所とは?汗がすぐ臭いわけではない理由なども紹介します。

 

 

女性足の臭い

汗そのものは無臭

 

足が臭う理由は汗をかきやすい状態にあることが多いからですが、意外かもしれませんが汗そのものは臭いはありません。

 

 

汗の99%は水、残りは塩分と微量の尿素乳酸アンモニアが含まれています。

 

 

ではなぜ足が臭くなってしまうのかというと、足は汗をかくだけでなく蒸れて角質と混ざってふやけてところに雑菌が付くと臭いが発生します。

 

 

足の匂いには体質的な問題もありますが、汗の成分の中にイソ吉草酸という成分が含まれていると納豆やチーズのような臭いがします。

 

 

このイソ吉草酸も雑菌と汗が混ざり古い角質や皮脂を取り込んで臭いを発生させます。

 

 

スポンサーリンク

 

汗をかいたときとその後3つの対策

 

女性足の臭い対策1

 

最も基本的な対処方法は

 

 

1.汗を拭く

 

ウエットティッシュでも良いですし、汗用の除菌シートをつかうのもよいでしょう。

 

 

汗と角質という雑菌の元を断つことが重要なので拭き取っってしまうことが最も手軽にかつ効果のある対処方法。

 

 

 

女性足の臭い対策
スプレーをかけることは汗と角質が残った状態では雑菌がつきやすいのは変わらないので除菌には限度があると考えたほうが良いです。

 

 

2.フットケアを怠らない
女性足の臭い対策

 

特に重点的にケアしたいのが”爪”です。

 

 

足の指の間や爪の内側をしっかりとブラシなどを使って洗いましょう。

 

 

爪を切って短くするのも有効な方法ですが、伸ばしたい方の場合はしっかりと爪と足の間を洗うこと。

 

 

 

イソ吉草酸を除去するには重曹などを溶かした弱アルカリ性のお湯に足をつけるのが有効とされています。

 

 

 

皮膚が弱い人は重曹は食品用などの刺激が弱いものからためしましょう。

 

 

 

 

3.靴や靴下、ストッキングやタイツに関して

 

女性ブーツ

 

ブーツは蒸れやすい靴ですが、履かないわけにもいかないですよね。

 

 

ブーツに限らず靴のケアの基本ですが、1日履いたら必ず2日は休ませてください。

 

 

連続で履くのはNGです。

 

 

できれば靴を休ませるとき、つまり履かないときは風通しの良い場所で陰干ししたいところ。

 

 

陰干しが難しい場合は、せめて脱いですぐに下駄箱にいれずに玄関においておくか、中敷きを入れることで消臭・雑菌対策ができるものもあります。

 

 

ストッキング

 

ストッキングやタイツも足の臭いの原因になることがあります、蒸れるからです。

 

 

対策としては職場で履き替えること、足の付根までや膝丈のストッキングなら履き替えやすいですし、履き替えるタイミングで足を拭き臭い対策をしましょう。

 

 

履き替えることが難しい場合、5本指のストッキングを選ぶと蒸れにくくなります。

 

 

五本指ソックス

 

五本指ソックスの基本的な効果は冷え性対策ですが、足の臭いを軽減してくれるアイテムとして定評があります。

 

 

吸湿性のないストッキングと違い汗を吸い取ってくれること、足の指がくっつかないので通気性がよいのが理由だと考えられています。

 

 

五本指ソックスは様々な形状が作られていて、足の裏全体をカバーするタイプから、指の付け根のみケアして指先はないタイプやパンプスように足の甲が大きく開いた形に併せたソックスも販売されています。

 

 

汗をかいたら放置しないというのがニオイ対策の基本、家に帰ってからもしっかりと洗剤や石けんをつけて足を洗いましょう。

 


スポンサーリンク