美脚の足タレが普段意識している脚痩せと,
ネット掲示板などに書かれた一般人が意識していること
脚に関するあるあるや、脚痩せ方法を比較。

 

脚痩せ

MeryさんにCMなどに脚だけ出演するような部分モデルの方が
普段どんなことを意識して美脚をキープしているかが紹介。

 

マインド的なことから具体的な日々のケアまで紹介。

 

 

まず、
美脚は生活習慣
ここからスタート(それが一番厳しい意見なんですけどね・・・。)

 

 

つまりはむくんでいるからおぶすな脚(なんだそうです)

 

 

この定義でいくと美脚=むくんでいない脚ということで
美脚対策というのはすべてこのむくみを取る、ということになります。

 

 

具体的に何をするのかというと

 

・必ず湯船に浸かる(ついでにマッサージもすれば完璧)
・塩分による身体の内側からのむくみにも注意する
・自分の脚の特徴を理解し、自分の脚を好きになる

 

 

トレーニングをすればわかりますが
変化を感じるとことができるようになると
自然と自分の身体を鏡でチェックするのが楽しくなり

 

 

結果として自分の身体が好きになっていきます。

 

 

だから、そのサイクルが作れるまで頑張りましょうということです。

 

 

で、この方法具体的なのものとしては脚の湯船でのマッサージしかないんですけど
その方法は動画で紹介されています。

 

ちなみに西内まりあさんも自身の足のケアを公開しています

 

一般の女性は脚に対してどんなコンプレックスを持っているのか

プロのケアといっても特別なことをしている感じではないんですよね。

 

 

では足が太いと感じている女性はどんなケアやむくみ対策をしているのか?
そもそもどんなことに悩んでいてるのかを紹介します。

 

脚太あるある

 

・スキニーが似合わない
・ヒールが似合わない
・ロングブーツが似合わない
・パンツは太ももが基準にするとサイズが合わない
・黒タイツや黒ストッキングでごまかす

 

では、足が太いという自覚がある方はどんなファッションを選んでいるのかというと

 

ふくらはぎが太いのか、太ももが太いのか
全体的に太いのかなど足の形は人によってかなり違うため
ファッションに共通性はなく

 

共通していることはどうすれば”マシ”に見えるのかを
自分なりに考えて、太い部分が強調されない格好を選んでいることです。

 

 

この時点でわかったことがあります。

 

足のむくみをとるだけでは全員が自分の足を好きになれるわけがないが
脚痩せダイエットにはそもそも根本的な間違いがあるのではということです。

 

足やせダイエットがなぜうまく行かないのか?(仮説)

美脚や脚痩せ、とひとくくりにしているが
ふくらはぎを細くする方法と太ももを細くする方法は一緒なのかが疑問です。

 

 

最初に紹介した部分モデルさんが実践している方法は
動画を見る限り足首とかふくらはぎがスッキリする方法に見えます。

 

 

ネットで脚痩せのためにどんなダイエットをしたのかという情報交換は
かなりたくさんあるのですが、書き込んだ人が足のどの部分を補足したいのかが
書き込まれていない場合が多く

 

 

その書き込みをみて実践した人と、書き込んだ人との間には
足のどの部分を細くしたいのかが違うためにうまくいかないのではないかな

 

 

例えば太もものむくみ解消でちょっと調べてみると
股関節のストレッチというリンパマッサージ以外の方法がでてきます。

 

 

太もものつけ根に水分や老廃物を取るということですね。

 

 

 

マッサージやストレッチだけでなく、
ちょっと頑張って運動してでも痩せたい人にはこんな方法があります。

 

 

動画を見るのが面倒な人のために

 

座っている時に電話帳サイズの厚さと重さの本を
足の間にはさみ、内ももを意識しながら座る。

 

 

あくまでも電話帳のサイズ感と重さが重要なので薄い電話帳の地域は
二枚を重ねてテープで留めて厚さ5cmにすること。

 

 

立っているときは、
足首を曲げたまま後ろにひき(いわゆる足上げ)
さらに斜め後ろにひねって引くのがポイント。

 

 

ただ、足を後ろにあげるだけでは腿裏の筋肉が鍛えられるだけだが
ひねることで体幹が腿の内側が鍛えられるそうです。

 

 

スタジオで出演タレントが全員実践していましたが
かなりきつそうですが簡単なので家事の合間に実践できるのがポイント。

 

 

さて、足のむくみを取る方法から始り
今回は太もものダイエットのみしか紹介していませんが
足は部分的にケアしないから

 

脚痩せが成功しないという仮説ですが
ふくらはぎや足首に特化した方法が必ず有るはずなので
ユーチューブで動画を探して実践してはいかがでしょう。


スポンサーリンク