ガッテンではこれまで多くの減塩方法を検証してきたが
今回のやり方は今までで一番簡単で最も実践しやすい方法。

 

 

なんと7日で薄味好きに!レシピや心理効果や過去の減塩方法も紹介。

 

がってん減塩12345

 

7日でできるガッテン流減塩法

 

 

 

濃い味が大好きな人が7日後には薄味好きに。

 

 

 

 

この方法は全国で5000人以上が減塩に成功、
その方法とは減塩食でも塩をへらさない

 

 

それ以外にも

 

・薄い味付けなのに満足感がアップする心理学わざ
・塩を全く使わないレシピ

 

 

がガッテンの放送で紹介されました。

 

 

 

日本人の塩分摂取量1日/厚生労働省の基準

 

男性:11.1g/8g
女性:9.4g/7g

 

 

高血圧学会は6g(こさじ1杯)
WHO(世界保健機関)5g

 

 

WHOは日本よりももっと減塩を推奨しているのですが

 

 

 

近江八幡市立総合医療センターが取り組んでいる
腎臓に障害が出た人むけの7日間入院減塩コースとは

 

 

 

1週間の特別入院プログラムで出される食事は
濃い味の人がたべても物足りないという感じではない。

 

 

 

その秘密とは

 

 

がってん減塩12345

 

 

の前にガッテンで過去に減塩対策として放送してきたものは

 

 

・塩の代わりにお酢を加える(塩を減らして酢を入れる)
・食べるまえに山椒をたべれば塩を減らしても味が変わらない
(脳を刺激して味蕾が活性化する)
・醤油を水で5倍に薄めてゼラチンを加えて泡立てる
(少量でも味わいが変わらない)

 

 

 

 

このどれかを病院で使っているのか、、、

 

 

 

鍵は味覚野を刺激することにある。

 

 

 

そのやり方は

 

 

 

・主菜は塩を普通に使う
・副菜は徹底的に塩を抑える

 

 

 

 

 

 

1品に集中して味をつけることで
全部を減塩させて我慢せずにほかが薄味でも満足することができる。

 

 

 

塩分に関してメリハリをつけるということ。

 

 

 

減塩食とはいえ、味がしないと満足度が低くなり続けられない。

 

 

 

 

まとめると
好きな一品は塩分をひらさずほかのものを減らして
トータルの塩分量を抑える、となります。

 

がってん減塩12345

 

 

 

では、なぜ一週間で薄味を好むようになるのかというと
それは脳の仕組みが関係しています。

 

 

 

シオの摂取量が減ると
脳は塩に注意を向けて、塩を探すようになるということです。

 

 

 

しかし、まだなぜ減塩によって味覚が変わるのかは詳しくはわからない

 

 

 

高血圧の対策として家庭でもできることとは

 

 

その際は減塩モニターを使って
夜間の尿から1日の塩分摂取量を測定することができる。

 

 

減塩モニターは大手ネットショップらく◯んで2万円切る値段で売っています。

 

 

 

 

ラベリング効果を使って脳をだます

がってん減塩12345

 

全く同じお吸い物なのにあることをすると
味が濃く感じたり、こくがあると感じたりとおいしく感じる。

 

 

 

その効果とはいったいどんな効果なのか?

 

 

 

番組ではディレクターが
一方のお椀はよいだしが取れましたとつたえて検証を行った結果

 

 

 

だしが良いと言われた椀のほうがまったく同じ味付けなのに
飲んだ人は美味しいと感じてしまうという効果。

 

 

 

言葉によるラベリングで脳の反応が変わる。

 

 

 

おいしそうな言葉とともに飲んだり食べる食べ物は
よりたくさんの味覚野が刺激されることがイギリスの研究で発表されている。

 

 

 

NGワード:「減塩」

 

※減塩した料理と聞かされて食べる料理は味を感じにくくなってしまう。

 

 

がってん減塩12345

 

塩を使わずに塩味をだす料理レシピ

 

 

減塩に不向きな料理

 

・ゆでモノ
・煮物
・汁物

 

減塩向きの料理

 

水分を使わない料理

 

・焼き物
・炒め物
・和え物
・揚げ物
・酢の物

 

 

 

減塩に向いている調味料

 

・うまみ
かつお節 ゴマ みりん

 

 

・しげき
マスタード さんしょう れもん 酢

 

 

 

サラダ油:1/2カップ
さんしょうのみ:10g

 

 

さんしょうの実が色がかわったら取り出す。

 

 

あらかじめ作っておいてそのまま保存して調理につかう。

 

 

 

青菜とおかかのさんしょう油炒め(2人分)

 

小松菜:一束
さんしょうあぶら(ごまあぶら・ばたーでもOk):おおさじ1
酒:小さじ1
かつおぶし:2ぱっく

 

 

山椒油で小松菜をいため酒を入れる
小松菜がしんなりしたらかつおぶしをいれてさっと合えたら完成。

 

 

 

キャベツとみつばの粒マスタード和え
キャベツ 2〜3枚(120g)
みつば 一束
みず 大匙2
粒マスタード:こさじ1〜2
レモン汁:こさじ1
砂糖:こさじ1

 

 

きゃべつを蒸す 強火で2分
蒸して野菜のうまみを凝縮

 

 

みつばいれてふたをして30秒(みょうがやおおばなどでもOK)

 

 

できるだけしっかりと水分をたす
マスタード、レモン、砂糖をまぜる
野菜をいれてあえる

 

 

 

鶏肉のごまやき

 

 

鶏もも肉(かわなし) 1まい(200g)
みりん おおさじ1
おろししょうが こさじ2
酢 こさじ1
いりしろごま おおさじ4
ゴマ油 おおさじ1/2
レモン 適宜

 

 

 

鶏肉一口大 みりん しょうが 酢 もみ混ぜ
30〜60分つける

 

鶏肉のしるけをきりゴマを付ける(パン粉のかわり)

 

 

ゴマ油で肉を焼く
ごまがついているので焦げやすい
最初は強火ですぐに弱火にして蒸し焼きにしていく

 


スポンサーリンク