ある日突然耳からガサガサ、バリバリと音がする。

 

 

気になって耳をいじるたびに音が大きくなるような気がするし、だんだん痛みも出てくるようなきがする、そんなときはすぐに耳鼻科へ。

 

 

僕が実際にバリバリ音と耳から音がするようになったので病院にいって処置してもらうまでの体験をまとめました。

 

 

原因はネットで検索すれば必ず音がするときの原因としてあげられる”耳垢”と”髪の毛”でした。

 

耳鼻科での処置は3分で終了

耳かき

 

これ大袈裟でもなんでもなく処置はすぐ終わりました。

 

 

結論から言えば、原因は髪の毛耳垢が鼓膜に触っていたために”ガサガサ”、”パリパリ”と音がなっていたそうです。

 

 

耳の穴の中を拡大するカメラを音がしない右耳に挿入し正常な状態の耳を確認したあと、音がなる左耳にカメラを入れて耳垢と髪の毛を確認し、掃除機のようなシュと吸い込む機械を耳に5秒ほど入れて終了。

 

 

ほんの少し吸い込む時に耳の奥に綿棒や耳かきが当たるときのような痛みがありましたが、対して痛みではありません。

 

 

処置後は耳の音はなくなりました。

 

スポンサーリンク

 

 

耳のバリバリ音に気がつくまでの経緯

 

ある日突然、左の耳からバリバリ音がするようになってのですが、音に気がついたきっかけがあります。

 

 

それはカナルタイプ(耳の穴の中にねじ込むようにして装着するタイプで下記の画像のイヤホンです。

 

カナルタイプ

 

みなさんも気をつけてほしいのですが、僕はイヤホンをした状態でインスタグラムで個人があげている動画を再生したところ音楽付きの動画だったようなのですが、その音楽がめちゃくちゃ爆音で、あまりの大きさにイヤホンをすぐに耳から外しました。

 

 

そのとき多分無意識だと思うのですが耳を手でいじると、左耳の奥からバリバリと音がする。

 

 

原因をネットで調べるまえに僕が取った行動は多分最悪の選択で、僕はすぐに耳に綿棒を突っ込んでしまった。

 

 

綿棒が耳の中に入るとバリバリ・パリパリする音が大きくなり、綿棒を出した後はしばらく音が聞こえずらいのですが、数分でもとに戻ります。

 

 

耳を触ったり、顎を動かしたリすると耳がパリパリ鳴るのですが、安静にというか普通に生活している分にはバリバリ音はしなかったので、その日はネットで耳から音がするときの原因を調べて寝ました。

 

 

ネットで調べた限り原因として最も考えれるのは耳垢が鼓膜に触っていることが原因であるとでていたのですが、僕は爆音で音楽を聞いてしまった直後から耳から音が聞こえ始めたのが不安でしたが、その時は夜20時を過ぎていて病院にいけるような状態ではなかったので、病院にいくかどうかは翌日の状態を見てからにしようと思いました。

 

 

 

翌日朝おきて軽く耳を触っても音はしない。

 

 

やっぱり一次的に爆音を聞いてしまったことで鼓膜がちょっと過敏になってたのかな〜と安心して朝食を食べました。

 

 

食べ始めてから数分たち、噛むたびに耳からバリバリ音が聞こえるようになってきましたので、これはやっぱり耳がおかしいと判断し、すぐに耳鼻科へ。

 

 

結果としてネットで調べた「耳垢」「髪の毛」が触っていたという診断になったということです。

 

 

耳垢に関しては、それなりに綿棒などで掃除をしていたので、まさか耳垢が詰まっているとは思わなかったものの、髪の毛も入り込んでしまっていたのは、イヤホンを付ける時に髪の毛を巻き込んで奥に突っ込んでしまったからだと思われます。

 

 

カナル型のイヤホンを使用する人は髪の毛を巻き込まないようにきをつけてください。

 

 

ちなみに耳鼻科は初めていく医院でしたので、問診票に耳からガサガサ音がすると書いて受付にだしたのですが、先生にどちらの耳か聞かれた時に「左耳ですが、昨日爆音で音楽を・・・」と説明しようとしたところ、食い気味に「まずは正常な右耳を診てみましょう」と言われたので、まずは耳垢や髪の毛が耳の中にないかをチェックするのが診療の基本なのかもしれません。

 

 

耳のバリバリ音治療費は

 

僕は初診だったのですが支払った料金は3割負担で1200円ほどでした。

 

 

かかりつけの病院の場合もう少し料金は安いかもしれませんね。

 

 

耳から音がするときの対処法

 

耳かきだめ

 

とても気になると思うのですが、綿棒や耳かきを耳にいれずに安静にしてすぐに耳鼻科へ行くことをお勧めします。

 

 

髪の毛や耳垢が原因の場合、綿棒などを耳にいれてしまうことで余計に奥に入ってしまう可能性があります。

 


スポンサーリンク