伊調馨 小原日登美両選手が金を取り幸先の良いスタート。

 

 

実は二人は八戸市出身なんです。

 

この二人だけでなくあの最強選手のルーツも八戸にあることがわかり
日本レスリング最強なのは八戸市に秘密があるのかも。

なぜ八戸市がレスリング最強選手を生み出す街なのかというと
それは今回金メダルを取った両選手に加えて吉田沙保里選手のルーツも八戸にあるんです。

 

 

なんと父親で元レスリング全日本選手権優勝の吉田栄勝(えいかつ)さんの
出身地は八戸市なんです。

 

 

じゃあ八戸市がレスリング大国なのかというと
高校総体のレスリング退会では1956の初回に青森県が優勝したのみ。

 

 

小原、伊調ともに中京大学に進学していますので
あくまでも基礎を八戸で身につけたということなんでしょうか。

 

 

 

とはいえ最強レスリング日本の3人の金メダリストのルーツが八戸であることは確かです。

 

 

金メダルをとった小原・伊調選手にまつわるすごい偶然

 

試合後の記者会見で同じ青森県出身の伊調と小原が息のあったトークで笑いを誘った。2人は組み合わせ抽選で引いたくじが、くしくも8番。伊調が「今日は8月8日で八戸出身。抽選も同じ8番。日登美先輩との絆は深まった」とちゃめっ気たっぷりの笑顔で話した。

 

 選手村では同部屋の2人。小原は「試合が終わったら馨とおしゃれなバーでお酒を飲みたいねと言っていた。それが楽しみ」

 

 

どれだけ8に縁があるんだって話ですね。
素敵なバーに入ってお二人が飲んでいたらかなり驚くでしょうね。
アスリートでお酒を飲まないというひとも多い中、こういうエピソードを聞くと
ちょっと選手が身近に感じますね。

 

小原 日登美さんのプロフィール
おばら ひとみ(旧姓・坂本)
1981年1月4日 生まれ
青森県八戸市出身
身長155cm
陸上自衛官(現在の階級は1等陸尉)
女子レスリング48kg級の坂本真喜子は妹、また女子レスリング67kg級の坂本襟はいとこである
青森・八戸キッズでレスリングを始めた

 

 

伊調 馨さんのプロフィール
いちょう かおり
1984年6月13日 生まれ
青森県八戸市出身
身長166cm
青森県の八戸クラブでレスリングを始める
姉の伊調千春もアテネオリンピック、北京オリンピックにおいて女子48kg級銀メダリスト

 


スポンサーリンク