朝型の人が感じるメリットは研究などで明らかにされていますが、
実際に朝型に変更した体験者が感じたことから

 

なぜ朝型を選ぶことが夜型を選ぶよりもメリットを感じやすいのかについて
完全に持論ですが解説します。

 

朝型メリット

研究者による朝型生活・夜型生活のメリットとは

朝型に関する様々な機関が研究・発表した朝型の特徴は

 

  1. 朝型の人はより幸福度が高い
  2. 成績が良い人が多い
  3. スヌーズ機能を押さない
  4. うつになる危険性が低い
  5. 朝型の人は一日中コンスタントに行動できる

 

といったことがあげられるのに対して、夜型のメリットは

 

・夜型人間は、朝型よりも推論能力・思考能力が優れる
・進化論的に、日常的なことは日中に、独創的なことは夜行われた
・朝早く起きるのには強い意志が必要だが、夜型には不要
・夜型でも、睡眠リズムが固定されていれば、特に身体に悪影響はない

 

 

朝型は社会の規範となっている9時から17時まで働く仕事の人には優位に働くことが多いのは
朝型が一日中コンスタントに動けるのに対して

 

夜型の人は起床後10時間半を経過すると、夜型のほうが集中力が高く、生産性が高い
という研究もあることから明らかです。

 

しかし、多くの研究が朝型、夜型それぞれのメリット・デメリットを明らかにしていますが
どのタイプが幸せだと断言しているわけではありません。

 

 

ただし、調べていて気になったのは
夜型のメリットはIQが高いことやクリエイティブな能力を発揮しやすいといった
特徴があるのに対し

 

 

朝型には健康や美に関して有効であるというメリットが多い点です。

 

 

実際に朝型に変更した人は本当に健康的な生活を実感できたのか?
その点をネットの口コミをチェックしてみました。

 

 

当然、口コミなので参考程度にとどめてくださいね。

 

 

朝型のメリットは健康的な生活がおくれる!は本当か

まずは情報サイト「Pouch」さんに掲載された「朝時間.jp」というサイトの
ユーザー調査(回答数:536名)による「朝型になってよかったこと」は

 

1位:体調がよくなった
2位:仕事がはかどるようになった
3位:肌がきれいになった

 

メンタル面では

 

1位:時間や心にゆとりが持てるようになった
2位:時間を効率的に使えるようになった
3位:気分がすっきりするようになった

 

 

体調も良くなり、お肌も綺麗になり心にゆとりがもてる、なんて最高じゃないか!!
これは明日から朝型生活するしかないな、と誰もが思いがちですが

 

 

これ本当??という気持ちにもなりますよね。

 

 

なので実際に朝型生活をしている人の意見をネットで探してみました。

 

朝型メリット2

 

朝型生活に満足している人の意見は先ほどのランキングとほとんど同じで

 

・目覚めがいい
・お通じがいい
・時間に余裕ができる

 

ちょっと違うのはお通じがいいという意見がかなりあったこと。

 

 

朝型生活に切り替えても何の効果も実感できないと言う意見は少ないです。

 

また、苦手だと思い込んでいた人も例えば子育てや仕事などの環境の影響で
早寝早起きをしたらその生活になれた、という意見もあるのですが

 

 

大事なことは早寝早起きをすることではない、と感じました。

 

 

大切なことは早寝、早起きをすることで身体に何らかの良い影響があるかどうか?
ということであり、もっと言えば早寝・早起きできなくても

 

ある一定のリズムで生活ができれば、それはその人にとって良い生活なのではないか、
ということを早寝・早起きをしている人の体験談を読んで感じました。

 

 

あくまでも仮説ですが良い効果を身体にもたらすために早寝・早起きをしている人が
実践していることをまとめると

 

 

1.同じリズムで生活する
2.自分でルールを決める
3.フロー体験をする

 

 

ということになると仮定しました。

 

 

1.に関してですが
早寝、早起きが重要なのではなくて、あくまでも生活のリズムを一定に保つことが重要だということです。

 

 

例えば、朝早く起きることが出来ない人は寝る時間が遅いからではなく
寝る時間が決まっていないからではないでしょうか?

 

 

朝型生活を実践している人の中には以前から朝早く起きる習慣を持っている人もいますが
なんらかのきっかけで(子育てや仕事などの環境の変化も含む)朝型生活に変えた人もいます。

 

 

朝型生活を定着させた人の意見で多いのは
大体同じ時間に寝て、朝も決まった時間に起きるというのもの。

 

つまりは生活のリズムが同じであるということです。

 

 

この生活のリズムを一定にするためには完全に予想ですが
休日も同じリズムで寝起きすることが大事なのではないかなと思います。

 

 

2.自分でルールを決める

 

これはリズムをつくり寝起きの時間を決まった時間に過ごすために必要なことです。

 

 

つまり、子供や仕事といった環境の問題で仕方なく早く起きるのではなく
自分でその時間に起きると決めるほうがよりリズムを作りやすいのではないかということです。

 

 

もう一度メンタル面の良い影響のランキングを思い出してください。

 

1位:時間や心にゆとりが持てるようになった
2位:時間を効率的に使えるようになった
3位:気分がすっきりするようになった

 

これです。

 

 

例えば、仕事や家事で朝早く起きなければいけない人が5時に起きていたとします。

 

 

当然早く起きているのだから、夜も早く眠くなるはずです。

 

 

この生活でもリズムが一定なので、朝型のメリットである
一日中コンスタントに行動できる、やうつ病にかかりずらいなどの影響はあるでしょう。

 

 

しかし、心にゆとりはうまれません、起きなければいけない時間におきているだけだからです。

 

 

朝型生活をするためには朝5時に起きなければいけないひとであれば4時に起きなければ
時間的なゆとりは生まれません。

 

 

朝型生活とは睡眠時間を短くすることではなく、
朝の時間を増やすか、夜の時間を増やすのかの違いなので
結局は自分の選択の問題ということになります。

 

 

重要なのはあくまでも「自分で決める」ということです。

 

 

3..フロー体験をする

 

朝型生活をすると肌の調子がよくなるとか、お通じがよくなるというメリットを上げる人が多かったのですが
よく言われる夜の22時から2時までのゴールデンタイムに睡眠をとるからだと言われていますよね。

 

 

実はこの説には諸説あり、否定的な意見もあります。

 

 

ゴールデンタイムに寝ることが重要なのではなく、眠り始めの3時間が重要だが
朝とか昼の3時間よりは夜の3時間のほうが成長ホルモンが出る量が多いということらしいのですが

 

 

ここで問われるのは睡眠の質です。

 

 

睡眠の質は変えることが誰にでもできることですが、ここではゴールデンタイムも
睡眠の質も話題が別なので詳述はしませんが

 

ゴールデンタイムと美容の関係について詳しく調べてくれているブログを紹介していおきます。
お肌のゴールデンタイムは嘘!?美容の新常識?

 

 

個人的にはゴールデンタイムよりも重要なのは
自分で起きる時間、寝る時間を環境など影響を無視して自分で設定することにより
小さな成功体験を経験し、それがフロー体験につながる

 

 

と仮説を立てました。

 

 

フロー体験とは至高体験のことで、自己受容のさきにある感情のことですが
そんな小難しい話ではなく、良い循環が産まれるということです。

 

 

元々朝型生活には研究の結果明らかになっているメリットがあります。

 

 

それはすぐには実感できなくても、
しばらく朝型生活を実践し続ければ誰もが受け取ることが出来るメリットなのですが

 

 

自分で朝型生活をすると決める
      ↓
何らかの身体の変化が起きる(事実としては誰にでも起きる)
      ↓
自分で選択した結果なので、その変化が成功体験として蓄積する
      ↓
自分の選択が正しかったと思い込むことでよりおおきな成果を得る

 

 

というプロセスを辿るのではないかなと思ったわけです。

 

 

では夜型は何が問題なのかというと最初に夜型のメリットとして上げたこの部分

 

・朝早く起きるのには強い意志が必要だが、夜型には不要

 

 

そうです、朝型に比べて強い意思が必要でないため
何も考えずに夜型生活を送ってしまう点が朝型と比べて問題なわけです。

 

 

朝型に変更するためには自分で自分の人生を選択する強い意思がいるのに比べ
夜型は朝型が無理だから仕方なく夜型生活を送っている人が多いのではないかというのが
私の仮説です。

 

 

当然、自分で夜型のメリットを考慮し選択の結果夜型を選んでいる人に比べて
フロー体験が起きないので何も得ることが無いということです。

 

 

夜型のメリットはクリエイティブなことができることなんですから
夜型の生活をおくっている人は、そのメリットをまず第一に考えるべきですよね。

 

 

つまり夜に何かを思考する体験が必要だということです。

 

 

でなければ夜型のメリットを得られず朝型の人に完全に敗北します。

 

 

今日の記事のまとめ
長くなったのでまとめます。

 

 

朝型・夜型のメリット、デメリットを把握し
自分の置かれている環境にとってどちらの生活が必要なのかを判断し
仕事や子育てといった環境の影響を排除し、自分の意思で

 

 

どちらの型を選ぶのかが重要なのだ、というのが今回の記事のまとめになります。


スポンサーリンク