全日本実業団対抗女子駅伝2012が
仙台市陸上競技場をゴールに行われ結果速報です。

 

 

優勝はユニバーサルエンターテインメント。

 

 

ユニバーサルエンターテイメントと言えばこれ

 

パチスロ・パチンコメーカーの株式会社ユニバーサルエンターテインメントが悲願の初V。

 

 

ユニバーサルエンターテインメント(東日本)が1区から1位を守り、最後は独走で初優勝を飾った。記録は2時間17分35秒だった。

 

 2位から5位は混戦。

 

 2位デンソー2時間18分27秒、3位第一生命2時間18分29秒、4位ワコール2時間18分32秒、5位豊田自動織機2時間18分41秒だった。

 

 

このレースの最大の見せ場は3区です。

 

 

青山瑠衣が22分12秒の区間新の力走でリードを奪ったユニバーサル。

 

 

続く第2区でもリードをキープして首位に経つとエールの新谷仁美につなぎます。

 

 

新谷仁美はロンドン五輪 陸上女子1万メートル決勝で
30分59秒19の自己ベストで9位の成績を収めたランナーです。

 

新谷仁美さんの画像
新谷仁美
www.jaaf.or.jp

 

 

しかし、この3区ではワコール福士加代子も11位から追い上げ9人抜きで2位に迫ります。

 

 

区間賞は福士で35分4秒、区間2位は新谷で35分31秒となり
区間の勝負では福士に軍配があがりましたが35秒差をつけて
首位をガッチリとキープします。

 

フェリスタ・ワンジュグがさらに4区で1分31秒差にリードを広げると

 

 

 

那須川瑞穂、アンカー永尾薫とつなぎ2位に52秒差をつける勝利。

 

 

 

駅伝はチームスポーツということを改めて感じさせてくれましたね。

 


スポンサーリンク