香川真司がレアルマドリーとのCLに先発出場。
それぞれのファン目線での香川の評価をまとめました。

 

ハイライト動画あり

 

モウリーニョの賞味期限完全に切れてる、
これがまず試合をみた小生の感想ですが、
多くの方が同様に感じているようです。

 

 

マドリー側からするとこのデーターが恐ろしいのでは

 

まじでヤバイな
負けに等しい結果

 

マドリーはCLでホームで分けると12回中11回敗退してる
ちなみにホームで1-1だと4回中4回敗退

 

 

マドリー目線の香川の評価

●香川はやっぱりこちらの攻撃の起点
●今回マドリの攻撃の起点になってた香川はさすがに次は出ててこないだろう
●香川すげえ嫌な動きして危険だった

 

つまりカウンターを得意とするマドリーにとって
ボールの奪いどころとなっていた香川からボールを奪って高速カウンター発動
というのが見て取れたということです。

 

とはいえマドリーのファンは
試合内容では圧倒しつつも、得点としては表れず
アウェイゴールを取られての引き分けで事実上負けた気分

 

という感じでした。

 

 

マンチェスターユナイテッド目線の香川の評価

●香川空気だったな、真ん中に置く意味がない
●香川はロストのシーンが酷過ぎた
●香川は交代時点で7.9キロも走っていた、チーム平均は7.5。疲れていた

 

では海外紙とファーガソンのコメント

 

『ガーディアン』
「香川の夜ではなかった。ケディラとアロンソのブロックによって苦戦した」

 

ファーガソン
「後半から流れがかわった。特にウェルベックをアロンソに
 マッチアップさせてからは流れが変わったね」

 

アロンソをマークしていたのは前半では香川でしたので
香川がアロンソにフィジカルで負ける場面は見られていました。

 

 

守備のタスクも期待され、さらに攻撃では彼の長所である
肝心のパス&ムーブがほとんどみられず余り良い内容ではなかった
というのが全体の感想です。

 

ルーニーを ファーストディフェンダーとして使い
守備的に入ってブロックを作るというのがゲームプランだったのでしょうから
今回のゲームで香川がいいところを見せられなかったとしも

 

 

そこまで悲観する内容ではないでしょう。

 

 


スポンサーリンク