亀田興毅が5度目防衛戦の相手が内定した!

 

挑戦者は下位ランカーではなく強敵でガチ試合になる可能性があるだけに
勝敗は5分5分か、亀田のほうが分がわるいという見方が多い。

WBA世界バンタム級休養王者の亀田興毅(25=亀田)が暫定王者で同級1位ウーゴ・ルイス(メキシコ)と
12月5日、大阪・ボディメーカーコロシアムで5度目の防衛戦を行うことが5日までに内定した。10年12月に
王座獲得後、下位ランカーとの防衛戦を重ねてきたが、ついに最強挑戦者を迎え撃つ。

 

王者としての価値を問われる試合だ。王座奪取から1年以上も下位ランカーとの防衛戦が続いた。
4月のV4後には両拳の負傷で休養王者扱いに。指名挑戦者でもあるルイス戦が行われず、
一部からは批判の声も出ていた。王座奪取から2年。両拳の故障もいえ、交渉もほぼまとまり、
ようやく注目の一戦が実現する。

 

ルイスはKO率87・5%の強打を誇る。亀田より10センチも高い178センチの長身でリーチも長い。
骨のある相手だけに「普通にやれば勝てる。負けるような相手ではない」と普段通りのビッグマウスの後に
「決して弱い相手ではないから」と続けた。

 

 

ウーゴ・ルイスもこれといった相手と戦ってないので強いのかというと微妙だが
アルバロ・ペレス(長谷川とモンチに序盤KO負け)に9回負傷判定勝ちしてるという戦績がある

 

 

亀田興毅はいままでのスタイルではルイス攻略は難しい

 

身長とリーチに差がありすぎるから、今までの様にカウンター狙い一辺倒では厳しい。
亀田が相手の懐に飛び込む勇気があるのか、それとも他の戦法があるのか。

 

ただネットではまた試合がちかくなったらどんでん返しの試合中止があるかもしれないという意見があった
試合が実現するのを楽しみに待つしかない。

 

 


スポンサーリンク