熱中症対策は水分補給、保冷剤、日よけも重要だが、暑さに負けない身体を作れば対策いらず。ポイントは汗をかくこと!

 

 

有効な汗の書き方、いざというときのための自家製経口補水液の作り方などを紹介します。

 

 

熱中症対策

熱中症のピークは7月の中旬から9月ごろまで続く、かなり長い期間にわたって危険性があるので注意が必要です。

 

 

 

そもそも熱中症とはどんな症状なのでしょうか?

 

 

 

よく聞くのは急に体の力が抜けて動けなくなるということです。

 

 

 

僕は父親が目の前で熱中症になったことがあります。

 

 

 

真夏なのにガクガクと震えだして、突然具合が悪くなったと言い出したのでびっくりしたことを覚えています。

 

 

 

僕の経験ではまったく前触れがなく、具合が悪くなるまで本人も周囲も気が付きません。

 

 

見た目で熱中症になったかどうかを判断するのは難しいので、具合が悪くなったら周囲に人が居る場合は具合が悪いことを必ず伝えてすぐに救急車を呼びましょう。

 

 

熱中症は症状が3段階あるといわれています。

 

 

・軽傷:熱失神 熱けいれん

 

・中等症:熱疲労

 

・重症:意識障害

 

 

 

熱けいれんはサッカー選手が試合終了まじかなどに足がつってしまって倒れてしまう状態が典型的な症状で、血液のナトリウムが下がってしまったために筋肉がけいれんしてしまう。

 

 

 

足だけではなくいろいろなところに出るが、疲労だけが原因ではない

 

 

 

熱中症は動いていない時にも発症する、例えば農作業などでずっとしゃがんで作業していると足に血液がたまり熱失神を起こしやすくなる

 

 

 

 

中等症では汗をたくさんかくことによって脱水状態になり、体温を保つことができない。

 

 

 

対策はまず体を冷やす、脇の下や足の付け根を冷やすと効果的

 

 

 

熱中症対策の定番は以下の3つですが

 

 

・水分補給
・保冷材
・日よけ

 

 

日除けをし、水分をしっかりと取っていても熱中症になってしまうことがあるそうです。

 

 

 

 

●熱中症対策は根本的に身体を変えること

 

 

 

そもそも暑さに強くなる体つくりをすることで対策を取ることもできる。

 

 

熱中症対策のポイントは汗をかくこと

 

 

 

ちょっと運動をしただけで汗をかく体質になることが大事、汗は乾くときに気化熱となって体を冷やしてくれるので汗をちゃんとかく体質を作っておく。

 

 

 

汗なんて夏になれば当たり前のようにかくじゃないか!!と思うかもしれませんが、人間は年を取るにつれて汗をかく能力が落ちてきます。

 

 

特にお年寄りは汗もかきにくい身体になってしまうことに加えて、暑いと感じないなどの理由からエアコンや喉の渇きもかんじにくいため水分補給を怠りがちです。

 

 

その結果として、高齢者が熱中症になる場合の4割は室内で発症します。

 

 

熱中症対策2

 

 

話を運動にもどしましょう。

 

 

足腰の筋肉を鍛えるのが重要

 

 

おすすめの運動はインターバル速歩。

 

 

3分普通に歩いて3分早歩きをする(厳密に時間で区切るのではなく自分がつらいと感じたら元の速度に戻せばよい)。

 

 

 

運動後は30分以内に牛乳などでタンパク質を補給し糖分も一緒に補給することで筋肉を作る。

 

 

 

運動をすることで筋肉が増えれば、血圧の低下や中性脂肪やコレステロール値の改善も見込める。

 

 

 

暑さになれていない人はかなり暑くならないと汗をかくことができない、さらにその汗は大量にでるのだが、ぽとぽと流れ落ちてしまって体温を下げる効果につながらない。

 

 

 

汗が皮膚の表面から蒸発して体温を下げるので、タオルなどで汗を拭きとることも体温を下げる効果につながらない。

 

 

 

足の筋肉量を増やすには、歩かない人に比べて普通に1万歩あるくだけでは実は数%しか筋肉量は増えない。

 

 

 

しかし、インターバル速歩+牛乳やチーズ・ヨーグルトなどでしっかりとタンパク質を補うことを一回30分程度の運動を週4・5回続けると10〜20%筋量が増える。

 

※65歳以上の男女50人を調査、期間は5か月。

 

 

 

ポイントは気温25度以下の時に運動する(朝・夕)。

 

 

 

15分の運動を週3〜4日から始めて30分を目標に徐々に時間を伸ばしていく。

 

 

 

家の中でもできる熱中症対策

 

 

 

椅子につかまりながらスクワットする

 

 

 

  1. 足を肩幅に開いて
  2. 椅子につかまりながら3秒かけてゆっくり腰を落とす
  3. 膝を90度に曲げて5秒数える

 

 

 

朝、夕10回を目標に頑張る、できる回数から始める。

 

 

 

定番の熱中症対策の効果をあげる

 

 

 

部屋の中に暑さをいれないために、すだれをアルミ製にして窓の外にかけることで日よけをすること。

 

 

温度湿度計を使って熱中症の危険があるときに警報がなるので体感温度ではきがつかない危険を事前に察知して、エアコンや扇風機などで対策を取ることができる。

 

 

下記の商品のように設定温度になるとブザーがなるタイプをおすすめします。

 

 

体感ではあついと感じていなくても、気温湿度が危険水準になったらすぐに対策をとりましょう。

 

 


 

 

脱水症所になるまえにしっかり水分補給

 

高齢者の4割は在宅時に熱中症になってしまう、お年寄りは脱水症状になりやすいので簡単なチェックで脱水状態を確認する。

 

 

 

富士山チェックとは

 

 

手の甲の皮膚を3秒つまんで元に戻らないときは脱水が進んでいる。

 

 

 

経口補水液の作り方

 

 

  • 500mlの水
  • 砂糖 20g
  • 塩 1.5g

 

 

水を少量容器にいれ、ペットボトルのキャップ3杯分の砂糖を入れる、塩を入れて混ぜる。

 

 

 

それをペットボトルの水に戻して完成。

 

 

 

経口補水液は通常の状態で飲むとややしょっぱく感じるが脱水が進んでいるとあまり感じないので飲んだ時の味の感じ方もチェックしてください。

 


スポンサーリンク