首マッサージ123

 

首を寝違えました。

 

痛む箇所は首の左側。

 

治し方をネットで検索し、1位に表示されていた某漫画に掲載された首寝違え解消方法や、youtubeで検索した動画を複数試して、最も僕の症状には効果があった方法を紹介します。

 

 

追記あり

まず僕の寝違えた首の症状ですが、痛む箇所は首の左側で肩に近い首の下側の箇所のようです。

 

 

痛みに関しては歩くと激痛、下をむくと激痛、一度痛むと数秒はビリビリとした痛みが続き、ふとした動きでも首に痛みがでてしまうので日常生活が困難なレベル。

 

 

ならべく動かないように安静にしていたのですが、一向に良くなるような気配がないので、動画で首の寝違えを解消するマッサージ、ストレッチ方法を試したみました。

 

 

首 寝違えの痛みを治す方法

首マッサージ123

 

僕が検索して発見した解消方法のなかで実際に試した方法は大きく分けて以下の3つ

 

 

  1. ドクター輝のストレッチ法
  2. 脇を押して貰うマッサージ
  3. 首自体を動かすストレッチ

 

 

1.2は腋窩神経という脇にある神経を解放する方法、3は首のマッサージです。

 

 

 

結論からいえば、首を寝違えたことによる首の痛みを最も改善させてくれたのは「脇を押して貰うマッサージ」です。

 

 

さらにこのマッサージのあと、肩が強張っているような気がしたので、肩を回したりしても首は痛まなかったため、肩を回したり、手に持って肩などのツボを押す100均とかに売っているよう器具を使って肩周りをゴリゴリ押したりもしました。

 

 

その結果、首が一度痛むと数秒強い痛みが続いた首の寝違えによる痛みは多少和らぎ、下を向いたり首を動かした時にやや痛む程度に痛みは治まりました。

 

 

日常生活を送ることができる程度には回復しましたが、痛みがあるので、その日は早めに就寝。

 

 

翌日は筋肉痛のような感じの鈍い痛みが首に残っていますが、日常生活はなんとか送ることができる程度には回復しました。

 

 

それぞれのマッサージ方法についての詳細をお伝えするまえに、簡単に首を寝違える原因について僕が調べて判ったことを書いておきます。

 

 

首を寝違える原因について

 

こう書いてしまうと身も蓋もない感じがしますが、

 

 

首を寝違えてしまう原因は分かりませんでした

 

 

首を寝違えると痛むのは主に首なので、首に原因があるのだろうと思ったのですが、調べてみると複数の要因があります。

 

 

例えば

 

 

  • 内蔵
  • 肩こり

 

つまり素人判断は危険ですので、最も安全なのは寝違えによる痛みは急性の痛みなので安静にしていること。

 

 

大抵の症状は2〜3日で痛みは収まるはずです。

 

 

 

とはいえ、痛みがあるときはなんとかしてその痛みを緩和させたいと思ってしまいますよね(僕もそう思って色々試しました。)

 

 

その際に何らかのマッサージやストレッチを試すと思いますが、注意するべき点は原因が複数あることを念頭において、どの方法が自分にあっているか無理のない範囲(痛みが出たに程度に各部を動かす)で試すこと。

 

 

首を動かす方法が効く人いれば、脇を動かす方法が効く人もいるし、肩を動かす方法が効く人もいるということです。

 

 

スポンサーリンク

 

首 寝違えを治す 漫画の方法

 

首マッサージ123

 

 

では、僕が実際にためした首の寝違えによる痛みを解消する方法を紹介します。

 

 

検索して1位に表示される方法がドクター輝という漫画に掲載されていた方法を中心に紹介したている記事があり、僕も最初にこの方法を試しました。

 

 

やり方は以下の動画で詳しく解説されています。

 

 

 

僕はこの方法を午前中にも試しましたし、夕方には20秒を2回と試せと言われているところを4〜5回試しましたが

 

 

僕には効果がありませんでした。

 

 

首の寝違えを治す方法 首を動かす

 

次に試したのはこの方法。

 

 

首に手を当てて、ふれたまま痛くない範囲だけ首を動かす方法です。

 

 

 

 

この方法は首に手をあてる位置を少しずつずらしながら痛くない範囲だけ首を動かすこと。

 

 

この方法をためした瞬間は少し楽になったような感覚はありましたが、首に手を当てずに通常の動作をすると首に激痛→数秒は刺すような痛みが続く症状は改善しませんでした。

 

 

ただし、この方法によって色々な首の場所に手を触れたので、痛む箇所が首の下のほうで肩に近い場所であることを発見することができました。

 

 

首寝違えを解消する脇マッサージ

 

 

最後に試したのがこの方法です。

 

 

 

強度を変えた3段階のマッサージ方法が紹介されていますが、僕が試したのは2番めの脇を手の付け根で押して貰う方法。

 

 

この方法の最大の欠点は一人ではできないことですが、もし家族や友人、同僚などが近くにいる場合は手伝ってもらう必要があります。

 

 

脇というややデリケートな箇所を触るので家族以外にはちょっと頼みずらいかもしれません。

 

 

最大のポイントは動画でも語られていますが、ゴリゴリと揉むのではなく押すイメージ。

 

 

脇にはリンパが通っているので指をゴリゴリ動かすと痛かったり、くすぐったくなってしまうこともあります。

 

 

僕は首のマッサージによって痛む箇所が肩に近い箇所だったこと、肩が強張っっているような感覚があったこと、肩を回しても首は痛まないことが分かっていたので、肩こりを解消するための運動である肩関節を回す動きと、肩こりを解消するために肩のツボを押す器具で肩まわりをグリグリしたりもしました。

 

 

その結果首が動くと痛みが発生し、その痛みが数秒続く症状が改善し、首は痛むものの、瞬間的な痛みとなり、痛み自体も軽減しました。

 

 

脇を押すマッサージは2,3分で脇を押す箇所を少しずつ変えながら複数の箇所を押してもらいました。

 

 

 

あくまでもこのケースは僕の寝違えを解消したケースなので、すべての人がこの方法で痛みを軽減できるわけではないと思います。

 

 

また、痛みは改善しただけで、解消したわけではないので、首の痛みは残りました。

 

 

急激な炎症が首の寝違えによって起きているわけですので、対処療法として痛みを軽減することはできても完全に無くすことは難しいのではないかなと思います。

 

 

首の痛みや肩の痛みが出たときは湿布を貼るというのも一般的な方法だと思いますが、患部を冷やすべきか、温めるべきかも様々な意見がありよく分かりませんでした。

 

 

僕は湿布などは試していません。

 

 

【追記:タイガーバーム貼ってみた】

 

たまたま温めるタイプで湿布のように貼るタイガーバームがあったので、首の付け根と左肩に貼りました。

 

急性の痛みが大分やわらいでいたので、お風呂にもゆっくり浸かって温めることを意識して昨日は過ごしました。

 

寝違えてから3日目で痛みはほぼなくなりました。

 

安静にしていれば痛みは2〜3日で無くなるといわれているので、何もしなくても痛みは徐々になくなったでしょうが、1日目の最も痛みが強い時に痛みを緩和させることができればかなり楽になると思います。

 


スポンサーリンク