松坂大輔の最新情報!メジャー移籍先を3球団にしぼり、
マイナーのみの場合はDeNAを検討している。

 

 

メジャー残留の可能性はあるのか?

 

春季キャンプまで1か月を切り、松坂の移籍に大きな動きがあった。
パドレス、アストロズなど日本も含めて複数球団が興味を示していたが、
米球界関係者は「3つの球団と話をしているようだ」と指摘。新天地として浮上しているのは
インディアンス、マーリンズ、メッツが“最終候補”として残った模様だ。

 

http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20130117-OHT1T00017.htm

 

一方でこんな記事もあります。

 

 

あくまで大リーグ球団とのメジャー契約が第1希望ながら、
国内に復帰する場合には横浜高時代に入団を熱望していた
DeNAが最有力。

 

松坂はこの日、成田空港から渡米。
代理人のスコット・ボラス氏と情報を交換し、
今月中にも最終決断する。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130117/mlb13011711320008-n1.html

 

松坂のメジャー残留はあるのか

 

●手術の影響はどうなのか?
手術そのものは現代の医療技術なら失敗するほうが難しいレベル
手術しなくてもいい状態でも積極的に手術を受ける選手が多いと言われている。

 

手術そのものよりもリハビリの理論と技術が優れてると言われてる。

 

 

つまり成功かどうかは、手術自体ではなくその後のリハビリ次第。

 

 

よく、松坂が受けた
トミー・ジョン手術は成功した場合復帰後二年目以降に活躍しやすい
と言われているが、それはあくまでもリハビリを頑張ったかどうかによる。

 

 

●なぜFAなのか

 

あえてFAになって、まずは単年契約でもしてやすい金額でメジャーでの実績を残し、
ふたたび大型契約とろうという計画ではないか。

 

 

肘は松坂次第で、再起不能な怪我ではなく
条件を下げてメジャーのどこかの球団と契約する可能性が高い。

 

 

とはいえ、まずは体を絞りトレーニングを重ねなければならず
もし、メジャーとの契約がないのであればそれは松坂の問題だと考えられる。

 

 

そんな状態で日本に帰ってきて、
常々語っている「日本に帰るときはまだバリバリ働ける時のみ」
という状態であるといえるのだろうか?

 

 


スポンサーリンク