松坂が突然左脇腹痛で降板したがその原因がネットでは囁かれている。
もしこれが真実だとすると引退も近い。

 

松坂大輔の最大の心配事は体重??

松坂3A先発も左脇腹付近に異常訴え降板

 

インディアンス傘下の3Aコロンバスに所属する松坂大輔投手(32)が28日(日本時間29日)、
敵地でのポータケット戦に先発し、4回裏、先頭打者に初球を投げた直後、左脇腹付近に異常を訴え、
途中降板した。

 

3回までは打者9人を無安打無失点2奪三振とパーフェクト。最速93マイル(約149キロ)を
マークするなど快調なペースだったが、突然のアクシデントで交代した。詳しい症状については
明らかにされておらず、今後の登板は未定。 [2013年4月29日6時29分]

 

 

一回故障すると体のバランスが崩れてまた別の箇所を故障するという悪循環
かなと思ったのですが、多くの方が指摘しているのは
もはや野球ができるような体つくりができていないという点。

 

 

5,6回投げてまともだったの1回だけという点も心配なのですが
太ると脇腹痛めやすい、という意見もあるように肥満も原因の一つかもしれません。

 

 

脇腹を痛めるのは 常にストレッチをしてない証拠という意見もあり
トレーナーを雇わずに自己流でやってきたつけなのかもしれません。

 

 

 

肥満はあくまでも憶測なのですが
最も有力な松坂大輔の失速の原因としては

 

 

・高校時代から続く登板過多による影響

 

 

MLBでは肩は消耗品の認識があるため、百球制限があるのですが
松坂は投げ込んでリズムが出るタイプと自分で認識しているためか
百球からが自分の見せ場と考えている節がある。

 

 

そのため、肩は疲弊困憊してその影響があちこちの体に影響が出ているのでは。

 

 

黒田選手を例に上げて松坂大輔と比較してみると

 

 

いち早くメジャーのやり方に慣れようとした黒田
いつまでも日本流の古臭い調整法を続けた松坂

 

 

ということになると言えるでしょう。

 

 

松坂大輔復活は難しいと言わざるを得ず、
また日本に帰って野球を続けるとも思えないことから
今後引退ということも充分に有り得ると思います。

 

 


スポンサーリンク