鈴木聡美や入江陵介などのメダリストに会う方法として断然おすすめなのが国内の大会に行く事。
直近で二人に会える大会があります。

 

 

 

日本中を熱狂に巻き込んだロンドンオリンピック。

 

 

記憶にあたらしいのが銀座でのメダリストのパレードですよね。
でもあの人の数を見たら、よほど早く行っていい場所を確保しなければ
写真を撮影することも難しかったでしょう。

 

 

そんなたくさんの人が集まるイベントに行かなくてもメダリストに会うチャンスはあります。

 

 

それは国内の大会を見に行くか、公演を聞きにいくことです。

 

 

夏目雅子に似ていると評判の鈴木聡美とイケメンの入江陵介がエントリーする
岐阜の国体は銀座のパレードよりもずっと近くでメダリストを見るチャンスです。

 

 

岐阜国体(9月29日開幕)で先行実施する水泳(同13〜17日)のエントリー選手を発表し、ロンドン五輪で3個のメダルを獲得した男子背泳ぎの入江陵介と女子平泳ぎの鈴木聡美(山梨学院大)ら同五輪代表25人が名を連ねた。

 

 メダリストでは北島康介、寺川綾、藤井拓郎が出場せず、松田丈志もエントリーはしたが欠場の意向を示している。

 

 


スポンサーリンク