肝臓は7割は全く異常値がでないが、異常が出たときは8割は肝臓がやられてしまう臓器。

 

 

酒を飲まない人にも増えている注意するべきNASHの原因とは??アルコールだけじゃない肝臓への影響をしっておきましょう。

 

酒肝硬変

 

血液検査でまずはチェックすべき項目

 

 

 

γーGTP:お酒を飲むとどんどんこの数字が上がっていく。

 

 

肝臓がダメージを受けてこの酵素が肝臓から漏れて血液中に増えてくるので、数字が多いほど肝臓に負担がかかっている。

 

 

 

基準値はだいたい50前後(各施設によって基準値は異なる)

 

 

 

ただし、γーGTPの数値だけが重要なのではなく正常値でも肝臓に病気がある場合がある。

 

 

 

 

 

注意すべき肝臓病が「NASH」非アルコール性脂肪性肝炎(NASH: nonalcoholic steatohepatitis)です。

 

 

 

非アルコール性脂肪肝炎とは

 

 

・自覚症状がない(だるさや食欲不振が出ることもある)
・放置すると肝硬変、肝臓がんになる

 

 

NASH→5〜10年で5〜20%が肝硬変になり、5年で0〜15%が肝臓がんになるという研究結果がある。

 

 

原因:脂肪肝なので肥満、運動不足、過度の飲酒※20代のころと比較して20s増えていると要注意。

 

 

厚生労働省のNASHへの見解

 

これまでお伝えしてきたのは「主治医が見つかる診療所」という番組で放送された内容ですが、以下は厚生労働省の情報です。

 

 

原因:過食、運動不足、肥満、糖尿病、脂質異常症などに合併した脂肪肝を背景とする。

 

 

 

以下は重要だと思われるので引用します。

 

 

NASHは単なる脂肪肝ではなく、肝硬変へと進行したり肝臓癌になるケースがあるため、肝臓自体の予防の観点からも治療の重要性が強調されています。
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-011.html

 

 

NASHは新しい疾患のため経過をおった大規模研究はない。

 

 

そのため、頻度やどの程度の人が肝硬変や肝臓がんにまで進行するのかが明らかになるまでは研究を待つ必要があるとしています。

 

 

テレビの番組では肝硬変や肝臓がんへ移行する割合を研究結果の引用として紹介していましたが、国の見解はまだはっきりとしたことはわからないという見解ですね。

 

 

 

肝臓の脂肪を詳しく測定するためには

 

 

また、テレビで放送された内容にもどりますが、

 

 

日本には100台ほどしかないそうだが、フィブロスキャンという肝臓に特殊な超音波をあて肝臓に溜まった脂肪量や肝臓の硬さを計測する機械でタレントの肝臓を検査していたので、この機械が導入されている病院を探して診察を受けるのも一つの方法かもしれません。

 

 

 

焼酎は身体に良いわけでは決してない

 

 

糖質制限などをしている人などが飲む機会が多いであろう焼酎、これは糖質が含まれていないだけであって、アルコールであることには変わりがないので量を飲みすぎたら脂肪肝の原因になる。

 

 

 

肝臓を元気にする健康食材

 

 

・納豆
・イカやタコ(タウリン)
・枝豆(イノシトール:脂肪肝の抑制)

 

 

 

良質なタンパク質を摂取することが肝臓の機能を高めるためには有効であるという記事をネットではよく見かけるのですが

 

 

何をもって「良質はタンパク質」とするかというと、一つの基準となりそうなのは”アミノ酸スコア”です。

 

 

 

卵、牛乳、大豆、豆腐、納豆、  サケ、イワシ、シジミ、牛サーロイン、  豚ロース、鶏ムネ肉、かまぼこ、ロースハムなどがアミノ酸スコア100点満点の食材。

 

 

 

動物性タンパクと植物性タンパクをバランスよく摂取することを目標にするのが良いと思われます。

 


スポンサーリンク