錦織圭 世界ランキングがとうとう11位に上昇!
ランキングで錦織よりも上位の選手を見ると
改めて快挙だというのが分かるが、バラエティなどの露出少ない理由とは。

 

プロテニス協会(ATP)が発表した男子テニス選手の最新世界トップ10ランキング。
1.ノバク・ジョコビッチ(セルビア)........11830ポイント
2.アンディ・マリー(英国)............ 8560
3.ロジャー・フェデラー(スイス)......... 7740
4.ダビド・フェレール(スペイン).........7220
5.ラファエル・ナダル(スペイン).........6895
6.トマーシュ・ベルディハ(チェコ)........4515
7.ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)...4155
8.フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)..3960
9.リシャール・ガスケ(フランス).........3135
10.スタニスラス・ワウリンカ(スイス)....... 2915
-----
11.錦織圭(日本)............2495

 

テニスに全く知識のない、管理人がみても錦織よりも上位の選手をほとんど知っています。
上位5人が異次元の強さなので優勝にたどり着くのは難しいかもしれませんが
錦織圭は世界の強豪の一人といえるでしょう。

 

 

4大大会で安定してベスト16に入っていることが認めれられて今の順位にいるようですが
普通に考えたらもっとメディアに取り上げられてもいいと思うのですが
ほとんどバラエティなどの露出がないですよね?

 

 

その理由を考えてみると(超私見ですが)
1.日本男子テニスがまだ世界との間に大きな壁があったこと
2.本人のテレビ露出に対する意思
3.所属事務所IMGが電通とからみがない

 

個人的に最もテレビ露出とか変わってくるのが3の理由かなと思います。

 

錦織圭が語るIMGの魅力

日清食品 に所属する錦織圭ですが
それ以外のスポンサーも超一流企業ばかりです。

 

 

ウイルソン
アディダス
ユニクロ
ウイダーinゼリー
タグ・ホイヤー

 

電通系列のスポーツマネージメント会社に、IBスポーツと
錦織圭が所属しているIMGはライバル関係にあるとも言われており

 

電通との絡みがないようなので国内の特に地上波での露出は殆ど無く
バラエティ番組に登場する機会もほとんどありませんが

 

電通のような大きな広告代理店のバックアップがなくてもこれだけ大手のスポンサーがついているので
メディアを通じてのバックアップが必要ないといえるかもしれません。

 

錦織選手はIMGアカデミーを練習拠点に置いてますが、その魅力を以前日経新聞が掲載したことがあります。

 

「日本に住んでいないからじゃないですか。今、改めて思いますね。もし日本に住んでいたら、テングになってしまっていた自信がある。日本に住んでいたら、絶対に無理だったと思う。自分が一番というのが見えちゃうから、そのことに多分満足しちゃう」

 

帰国すればたくさんのライトを浴び、CM撮影には一流の面々が顔をそろえ、有名人に紹介される機会も多い。「刺激を受けますし、それはそれで楽しいですよ」という。

 

「ここは世界が近いから危機感がある。日本ではここまでの危機感は得られない」
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50379600Y3A100C1000000/?df=4

 

錦織圭にとってCM撮影やテレビ出演などは気分転換と言えるかどうかはわかりませんが
テニス以外で得られる刺激の一つとなっているようです。

 

それに加えてマイケルチャンがコーチに就任したことが大きく彼の今後を変えそうです。
錦織圭 ナダルに肉薄!秘訣はマイケル・チャンコーチ

 

ファンとしては素顔やテニスをしていない時の錦織圭をテレビで見たいと思うのかもしれませんが
国内でマスコミに騒がれないことで競技に集中出来るのは錦織圭にとってはいいことなのでしょう。

 

 

日本のスポーツ選手の取り上げ方は成績よりも重視されるのはビジュアルで、
イケメン、可愛い、キャラが立ってるかが人気を左右しますが
浅尾美和のように人気と実力がアンバランスな選手も出てくるのが現状です。

 

 

テニスは勝てばしっかりと評価される個人スポーツの代表格なので
しっかりと実績を残して、杉山愛さんのように引退後にメディアに登場して活躍してくれればいいと思います。


スポンサーリンク