お茶にダイエット効果があるのは様々な番組が取り上げているので有名です。

 

 

しかし、飲むタイミングで効果が変わるのはご存知ですか!?
食後、食後、お茶を入れる温度で変わるお茶の効果。
解決スイッチまとめ

 

お茶ダイエット効果1

解決スイッチ 専門医が教えるお茶のダイエット効果

 

お茶で賢くダイエットできるのは周知の事実ですが
食前と食後で別々の効果があるのを知っていますか?

 

解決スイッチにて痩せるお茶の飲み方を
秋津医院 秋津先生がナビゲートしてくれました。

 

 

 

「おいしく食べて楽しく痩せる」がテーマ!!

 

 

内容はお茶の飲み方、飲むタイミングによって異なる効果と
運動の効果をより高めるお茶の飲むタイミングを教えてくれました。

 

 

お茶の効果は飲むタイミングによって変わる

お茶ダイエット効果2
ロケで訪れたのは御茶ノ水にある1899御茶ノ水(グリーンティーレストラン)

 

 

お茶のプロがおよそ10種類ある入れ方温度にこだわって
最高の状態でお茶を提供してくれる。

 

 

アジアン馬場園が飲んだのが
厳選玉露  星の露 1240円

 

 

秋津先生が飲んだのが
和紅茶 紅優香 650円

 

※ともに税込

 

 

馬場園「味わったことのない香り(大地を感じる)」
「甘い・コクがある・お吸い物です」

 

 

 

お茶を飲む効果

お茶ダイエット効果3
お茶に含まれる代表的な効果はおもにカテキンとカフェインからもたらされる

 

 

カテキン:油ものを消化する酵素リパーゼが中性脂肪に変え体脂肪として

貯蓄する働きを弱くしてくれるため油ものとの相性がよい

 

 

カフェイン:基礎代謝を上げエネルギー促進
運動の30分前に飲むと脂肪燃焼

 

 

お茶の効果をまとめると

 

 

食前:脂肪燃焼
食後:脂肪の分解を抑制

 

 

 

お茶は温度で効果がダイエットの効果が変わる?

お茶ダイエット効果34

 

熱い:カフェインがたくさん出る
ぬるい:カテキン、ポリフェノールがでる

 

 

あさ体を動かす前には
お湯60度から70度でカフェイン・カテキンが多く出るので
脂肪の燃焼と吸収を和らげる。

 

 

食後は30度のお湯で15分ほどでかけて抽出することで
カテキンを出しつつカフェインを抑えることができるので
体を休める効果が期待できる。

 

 

朝食・昼食後は熱いお茶、寝る前の時間に近い夕食後は
ぬるいお湯で抽出したお茶と使い分けると効果的。

 

 

発酵茶はカテキンが強化される

お茶ダイエット効果6

 

秋津先生が飲んでいた紅茶は発酵させたお茶なので
緑茶よりさらにポリフェノールが豊富に含まれている。

 

 

ポリフェノール:脂肪吸収を妨げ、動脈硬化にも効果が期待できる。

 

 

さらに、発酵を強めたのがウーロン茶、
発酵によりカテキンが重合ポリフェノールに変化。

 

 

緑茶>>ウーロン茶>>プーアル茶
(発酵なし) (半発酵)  ( 発酵)

 

 

目的に応じてお茶の種類を変えることでさらに効果を高めることができる。

 

 

上述の通り緑茶にはカテキンの他にカフェインが含まれている

 

※カフェイン:基礎代謝を上げエネルギー促進
運動の30分前に飲むと脂肪燃焼

 

 

運動も含めたダイエットを行っている人にはこの効果を取り入れて
運動の効果をより高めるべき。

 

 

 

 

残った茶葉は食べるとより効果的

お茶ダイエット効果7
お茶というのは葉っぱにお湯を入れ抽出されたエキスを飲んでいるが
葉っぱにはエキスの80%が残っているといわれている。

 

 

おちゃっぱ自体に残った栄養素や酵素を取り込んだほうが
よりお茶の効果を取り込むことができる。

 

 

残ったお茶葉にはビタミンAやビタミンCなどの栄養素も含まれているので
残った茶葉は食べるのが実はおすすめ。

 

 

でも、どうやって食べるのか?

 

 

循環器の専門医がすすめる茶葉の食べ方

 

秋津先生がおすすめする茶葉の食べ方は
残った茶葉を一晩乾燥させてビニール袋にいれてできるだけ細かくする。

 

 

それを炒め物などに振りかける。

 

 

ロケでは抹茶のポテトサラダがレストランのメニューの中で
家庭でも実践しやすいと紹介されている。

 

 

ポテトサラダに抹茶の粉末を合わせるたったこれだけだが

 

 

馬場園「さわやか〜〜おいしい」
「甘い芋の味がして、最後にお茶のほろ苦さを感じる」と絶賛。

 

 

見た目は緑がかった不思議な色になるが味は悪くないようです。

 

 

お茶の後は運動効果アップを実感しよう

お茶ダイエット効果7
先程から何度も書いているがお茶は運動の30分前に飲むと
より効率的に脂肪を燃焼してくれる。

 

 

しかし、運動といえばジョギングや筋トレを思い浮かべたかもしれないが
今回紹介されたのはそんなハードな運動ではない。

 

 

馬場園が経験したのがTAIKOビクスという
和太鼓をたたきながら痩せるというエクササイズ。

 

 

腹筋を意識してまっすぐにたちたたくときは肩甲骨を意識して太鼓を叩く、
これだけのエクササイズといっていい。

 

 

太鼓を叩く動作に痩せる秘訣がある。

 

 

腹筋を意識しながら肩から腕をあげる、
おなかが丸まったりお尻を突き出したりせずにまっすぐに腰を落とすこと。

 

 

大胸筋と内胸筋を鍛えることで呼吸系のインナーマッスルに効果があり
太鼓を叩く動作は有酸素運動。

 

 

インナーマッスルが鍛えると効率よく基礎代謝を上げることができる。

 

 

後はリズムに乗って太鼓を楽しく叩くだけ。

 

 

でも家庭には太鼓なんて無いはずだし
すべての人がエクササイズジムに通うのは不可能なので
太鼓の替わりになるもので家庭にいながら太鼓エクササイズができないか?

 

 

叩けるものであれば何でも良い

お茶ダイエット効果7
リズムを取れて、かつ叩けるものであれば良いので
丸テーブルがあればそれを叩きながら周りを回るだけでよい。

 

 

なければバケツでもなんでも叩けるものを代用に。

 

 

要は太鼓を叩く動作に意味があるので音がなるものである必要はない。

 

 

 

おまけ:太るサラダと痩せるフルーツ

ポテトサラダ、かぼちゃサラダ、コーンサラダ

 

 

これらにはマヨネーズが含まれている可能性が大なので
作るのであれば、カロリーハーフのマヨに置き換える

 

 

春雨サラダ
春雨は炭水化物なので沢山食べるべきではないし
市販のサラダではなくドレッシングの油にも気を使うべき

 

 

ツナサラダ
オイル漬けはなく、ノンオイル缶を選ぶこと

 

 

●ダイエットに適したフルーツは
バナナ・りんご・いちご。

 

 

バナナはカロテン、りんごはポリフェノール、いちごにはビタミンCが豊富。

 

でも、ビタミンCならやっぱりパプリカがおすすめ
いちごの約3倍のビタミンC がパプリカには含まれています。
参考記事:ガッテン パプリカ特集志の輔も驚くパプリカは調理法で果物並に甘い

 


スポンサーリンク