超個人的スポーツ感動動画をyoutubeから選んでみました。

 

 

サッカーではやっぱり自国開催した2002年のあのゴールなんですよね。

 

 

なんだかんだいってもオリンピックは記憶に残っているようで、NO1はアテネ体操団体金メダル、実況も最高です。

 

 

スポーツ動画NO1

日本サッカーにおいて最も重要なゴール

 

僕はこのゴールこそが最も重要なゴールだったと思っています。

 

 

まだ日本がワールドカップに出ることが当たり前ではない時代。

 

 

初めて出場したフランスでは惨敗し、負け試合でたった1ゴール取っただけ。

 

 

自国開催で最も大事な緒戦、先に先制されてやっぱり今回も勝てないのかな〜と頭に浮かんでしまった矢先に、技術ではなく気持ちで”押し込んだ”ゴールだったという点も見ていてとても感動しました。

 

 

実況の倉敷さんの気持ちの入ったGET!!!もいいですね

 

 

 

 

WBC韓国戦イチローのヒット

 

9回に追いつかれたときはいやな雰囲気になりましたが、10回のこのイチローの打席は記憶に残っています。

 

 

韓国ベンチは敬遠のサインを出していたとかあとからその時の状況が分かったりして色々なことが起こったうえでのあの展開だったんですよね。

 

 

 

 

 

 

2015年ラグビーW杯日本対南ア

 

 

これは是非各国の実況バージョンで聞いてください、この試合の驚きがどれほどのものか。

 

スタジアムで観客がとった動画も現地の状況が伝わってきて感動します。

 

冷静な実況を心がけるNHKアナも思わず「いけー、いけー」と叫んで裏声になってしまうほどの興奮、トライ後の沈黙はきっと音声を切って喜んでいたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

陸上男子トラック種目初のメダル

 

結果が出た後の朝原さんの歓喜の瞬間がいいですよね。

 

早く走りたくて仕方がない、とインタビューで朝原さんは答えていますが、この心境に達することができると尋常ではない力がでるということなのかもしれません。

 

 

 

 

伸身の新月面が描く放物線は〜

 

栄光への架け橋だー!!

 

 

NHKアナウンサー刈屋富士雄さんはこのように当時のことを振り返っています

 

 

冨田のフィニッシュへの入りが、1回転多かったのだ。急きょ「伸身の新月面」と「は栄光への架け橋だ」の間に「が描く放物線」を入れた。
http://london2012.nikkansports.com/column/quotations/archives/f-cl-tp0-20120708-980110.html

 

 

僕はこの言葉もすきですが、引用したインタビューにもでてくる「体操ニッポン、日はまた昇りました」がすきです。

 

 

この言葉も『6年アトランタ五輪団体10位で、外国のコーチに「日本は沈んだ。もう昇らない」と言われた悔しさ』から生まれた言葉だったそうです。

 

 

 

今回の動画以外にもなでしこのワールドカップ優勝とか、柔道の金メダルとか競泳、バレーボールの銅メダル、ジャンプ団体などオリンピックには感動の瞬間がたくさんありますが、個人的に好きな動画を選んでみました。

 

 

皆さんのスポーツで感動した瞬間は何ですか?

 


スポンサーリンク