ハリルホジッチ氏が日本代表サッカー監督に決まりそうなので、
どんな監督なのか全く知らないので調べてみました。

 

 

いい監督っぽいけどサインするまで安心はできない。

 

 

一本気な性格の人みたいなので、決裂する可能性もないわけじゃない。
監督

ハリルホジッチのサッカーとは

一番大切なことはハリルホジッチがどんなサッカーを志向している人物なのか?
そして、その志向は日本代表にふさわしいのかです。

 

 

ただし、私はハリルホジッチを全く知らないので
実績として直近まで率いていたアルジェリアをブラジルW杯で16強進出させた監督

 

ということしかしりません。

 

 

ですので各種メディアに紹介されているハリルホジッチに関する記事から
監督としてどんな人物なのかを浮かび上がらせてみようとおもいます。

 

 

まずは監督としての実績ですが

 

1997年 ラジャ・カサブランカでアフリカチャンピオン
1999年 フランスのリールOSCで2部リーグ優勝、2部リーグの年間最優秀監督
2000年 1部リーグ3位、最優秀監督賞を受賞

 

2010年にはクロアチア・ザグレブでクロアチアリーグ優勝。
2011年アルジェリア代表監督に就任、ワールドカップ出場

 

2000年から10年までの間も、コートジボワールの代表監督に就任し
超攻撃的なチームを作り、評価をたかめるものの

 

アフリカネイションズカップで敗退し解任されています。

 

とはいえ、クラブチームでも代表監督としても実績は十分ですし
時期日本代表監督に必要なワールドカップでの指揮実績があります。

 

ハリルホジッチの目指すサッカーとは

 

Goal.com元記事はこちら
メディアとファンに対してとてもオープン
自立心強い監督で、ボスたちが現場に関わってくることを許さない

 

 

お次はフットボールチャンネル
ブラジルW杯で優勝したドイツを最も苦しめたアルジェリアでの手腕を評価。

 

・対戦相手に応じてシステムを変える(W杯において)
・攻撃サッカーから堅守速攻と国によってスタイルを変えることができる
・オシムと親交があることで日本との関係もスムーズになる可能性がある

 

 

ハードワークに加えて、就任した国にいる選手の特徴を活かすことができる監督。

 

 

共通してでてきたことは性格面の特徴ですが

 

非常に気むずかしく曲がったことが嫌いな監督という特徴が見えてきましたし
明確なスタイルがあってそれを選手に当てはめる監督ではなく

 

 

選手に合わせたスタイルと対戦相手を研究して試合ごとに戦術を煮詰める監督
というのがなんとな〜く見えてきました。

 

 

印象的な記事があったのでもう一つ消化しますが
サッカーキングさんの記事です。

 

 

ブラジル・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦ドイツ戦の前に
イスラム教徒がおおいアルジェリアには

 

イスラム教の義務の1つである断食を日中の間に実施するこのラマダンがドイツ戦の前から始り
この断食に関する質問が記者から集中していました。

 

 

その際に

 

「これはプライベートな事柄だ。それに関する質問は、尊敬と倫理が欠如している」

 

 

とはっきりと明言し選手のプライベートを守ったこと。

 

 

これ、自身がイスラム教徒であることも関係していると思いますが
多分選手のモチベーションを挙げるためにあえて強い口調で話しています。

 

 

つまり、モチベーターとしての期待もできるということ。

 

 

徹底した相手の研究による戦術眼あり、選手のモチベーションを上げることもできる
若手起用の実績もあり、国によってスタイルを変える

 

 

と、ここまではアギーレほどの実績はないものの監督としては
申し分のない人物のようにみえます。

 

 

しかし、アギーレの八百長問題で日本代表の評価が
世界中で落ちていると言われる中

 

国内の世論を盛り上げるためにもいい情報だけを流している可能性もあるし
メディアも底を見据えてハリルホジッチの悪い点を”あえて”書いていない可能性も否定できない。

 

随時更新します。

 

ハリルホジッチかラウドルップか

ハリルホジッチへの具体的な数字、つまり年俸まで報道されいよいよ決まりかとおもいきや
ラウドルップが本命の報道がでてきています。

 

日本協会の大仁邦弥会長(70)と霜田正浩技術委員長(48)が25日、都内で会談を持ち、次期日本代表監督候補との交渉の優先順位を確認した。カタール1部ラフウィヤ監督のミカエル・ラウドルップ氏(50)を最優先とし、交渉難航の場合は前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)にスライドする方針。

 

ちなみにハリルホジッチの年俸は200万ユーロだそうです。

 

Jリーグにおける監督の最高年俸は鹿島のセレーゾが1億
日本人では名古屋の西野朗が8000万円。

 

先ほど行われたブラジルワールドカップに出場した監督の年俸は

1位 ファビオ・カペッロ(イタリア人) 11億5132万
2位 ロイ・ホジソン(英国人) 6億2000万円
3位 チェーザレ・プランデッリ(イタリア人) 4億4548万円
4位 ルイス・フェリペ・スコラーリ(ブラジル人) 4億721万円
5位 オットマ―・ヒッツフェルト(ドイツ人) 3億8378万円
6位 ヨアキム・レーブ(ドイツ人) 3億6916万円
7位 ビセンテ・デル・ボスケ(スペイン人) 3億4701万円
8位 ルイ・ファン・ハール(オランダ人) 2億8058万円
9位 アルベルト・ザッケローニ(イタリア人) 2億7950万円
10位 ユルゲン・クリンスマン(ドイツ人) 2億6875万円

 

BBCダン・ローアン氏のツイートより引用

 

ザックと同じ年俸か、そう考えると現状維持で
アギーレよりは高いということになります。

 

ハリルホジッチの年俸を伝えた日刊スポーツはハリルの他にも候補は
サフェト・スシッチ氏(59)、 元ポルトガル代表監督のパウロ・ベント氏を挙げていて

 

結局まだな〜んも決まってないような印象をうけます。

 

追記:ハリルで決まりっぽい

今まで調べた結果、戦術面の引き出しが多く、
就任した国の選手が持つ特徴を引き出すタイプの監督のようなので

 

日本選手の特徴のどの部分を引き出そうとするのかは不明ですが
「よく走る」ことを求める傾向にあるようなので

 

「日本らしさ」とかいう抽象的でそれが何かがわからないコンセプトよりも
明確な指針があったほうが今はいいと思うのでハリルに期待しています。


スポンサーリンク