東日本女子駅伝 2012で悲劇が。山形代表が失格になったのですが

 

その理由はショートカット。

 

 

だがこれは意図的ではなく運営のミスではないのか?

 

 

東日本女子駅伝山形失格

上記の画像では分かりづらいかもしれないが
本来は折り返し地点と書かれている大きな△のポールを曲がらなくてはいけないが
その手前の小さなパイロンを曲がってしまったのだ。

 

 

当然ショートカットとなり失格。

 

 

 

だがこの状況にテレビで見ていた人を中心に批判が相次いでいる。
運営側がしっかりと勘違いしないようにちゃんと隙間埋めておけば
このような事故は防げたからだ。

 

 

折り返し地点だとわかるような工夫がない

 

第28回 東日本女子駅伝競走大会1
第28回 東日本女子駅伝競走大会2

 

画像のように地面に→をつけてあげればよかったのではないでしょうか?

 

 

他の角度の画像を見ると折り返しのポールである△のパイロンの後ろに
真っ赤な看板があり、視覚的に風景と同化するような印象を与える。

 

 

折り返し地点まで走って疲れている頭で正確な判断が出来なかったのでしょうか?
ランナーに負担をかけないようにしっかりと運営側が管理するべきことでしょう。

 

 

東日本女子駅伝 結果

 

1.神奈川
2.長野
3.東京
4.千葉
5.埼玉
6.福島

 

 

開催が福島だっただけに福島チームが6位というのは残念な結果かもしれませんね。

 

 


スポンサーリンク